放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、多くの女性キャスターが所属する芸能プロダクション『セント・フォース』について。

 * * *

「今度、ウチでやることになりまして」

 美人キャスターの宝庫『セント・フォース』の幹部から、そう言って渡されたプロフィールは鷲見玲奈のものだった。2020年4月のことである。

 思わず「あの、鷲見麗奈さん?」と言ってしまった。テレビ東京の局アナ時代に男性週刊誌などに報じられた“ウワサ”がまだ生々しいタイミングだったからだ。

後にそのウワサは根も葉もないものだったことがわかったものの、『セント・フォース』の社長が築き上げた「“清楚なお嬢様キャスター”が数多く所属している」同社のイメージから鷲見は「かけ離れている」ため、大いに驚いた記憶がある。

鷲見玲奈、NiziU好きキャラでも弾ける

 だが、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)や『Oha!4NEWS LIVE』(日本テレビ系)など帯番組に出演しているタレントを除けば、今や、同プロダクション内でもっとも売れているのが鷲見玲奈。ゴールデンのバラエティ番組の企画会議では、今、必ずや名前が挙がると言っても過言ではない。

 局アナ出身には珍しく、タレントを前にしても決して物おじせず、嫌みなく“自分”を出せる人。テレ東時代、経済番組やスポーツ番組などを担当してきた強みも彼女にはある。現在出演中の『SBI FXトレード/SBI VCトレード』のCMは、ものすごくハマっていると思う。

 そうかと思えば、トークバラエティでは、番組のテイストや要求に合わせて、かなり頑張ってくれて、「キッチリ仕事をして帰る」特徴をもつ。曰く、年齢的にも「後がない」。ガムシャラにチャンスを次々ものにしている様子がよくわかる。

 NiziUにハマっていて新曲のCDを40枚予約したとか、半年間でグッズに30万円も注ぎ込んだエピソードを話した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)も、大きな話題を呼んだものである。

 自宅に全くおしゃれ感がなかったことや、『Step and a step』の振りを「できますよ」と言い、スタジオで披露したものの、『セント・フォース』の先輩・川田裕美のスキップのようだったことも、「鷲見玲奈は本当にわかっている」と業界でも話題だった。

 とにかくサービス精神旺盛で、何事もやりきってくれるから、かえってイタさがない。とにかく、これまでの『セント・フォース』には絶対に居なかったタイプなのである。

川田裕美、ママ&妻としてぶっちゃけトーク

 そして件の川田裕美である。産休を経て復帰したばかりの彼女だが、『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)、『この差って何ですか?』(TBS系)と、進行を担当していた2番組の3月いっぱいでの終了が発表された。
だからなのか、最近、彼女が多くの番組にゲスト出演しているのを見かける。

 かつては『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「運動神経悪い芸人」に、芸人と共に出演したり、トークバラエティで苦手なスキップを「やれ」と言われたら必ず披露してきた。

 スキップが不得手なことや、料理に餡子を混ぜる行為が“ビジネス”と言われたこともあったが、鷲見玲奈同様、川田もまた目の前のチャンスに何が何でもしがみつくタイプだった。

 果たして今は「ママ」として「妻」として、いや「嫁」として、「おかん」として…、ぶっちゃけトークをするフリーアナという新たなポジションに着いている。『セント・フォース』にも、ママは何人も居るが、川田のようなキャラ立ちは居ない。関西出身、読売テレビ出身は、今やメリットでしかない。

 唯一のマイナスポイントは、他の局アナ出身者同様、自分の意見を言う機会が少なかったと。2月28日、初出演した『ワイドなショー』(フジテレビ系)で自身も明かしていたが、確かにビシッと決まってはいなかったものだ。が、それは“慣れ”だと思う。川田の第二ステージに期待したい。

神田愛花、NHK出身者では断トツにキャラ立ち

 そして神田愛花である。前述の『ワイドな〜』は既に常連。『グッとラック!』(TBS系)でのコメントも、いい意味でネット民の話題になる神田。バナナマンの日村勇紀との交際時は言ってはいけないことがあったのか、コメントが定まらなかったり、「どこへ向かうのか」と心配されることもあったのだ。が、結婚後は硬軟どちらのトークも及第点以上。ひじょうに安定感が出てきた。

 NHK出身のアナウンサーは、近年あまり面白いタイプがいないが、神田は断トツにキャラが立っている。チャーミングなルックスも、(スタイリストが居るとはいえ)衣装のセンスも抜群で女性視聴者ウケもすこぶるいいのである。

 かつて八田亜矢子は「山岸舞彩ちゃんと私は、“セント・フォースの異端児”って言われてるんです」と苦笑していたものだ。確かに、『セント・フォース』の顔ともいうべき存在だった小林姉妹(麻耶と麻央さん)全盛時代、八田や山岸さんは異端だったかもしれない。

 その八田も、いまではママ。東大卒としても有名だが、『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)をセレクトするところなどを見ると、ツンと澄ましたようなところがなくなった“元祖・異端児”の今後も楽しみになってきた。

 鷲見玲奈、川田裕美、神田愛花、そして八田亜矢子と、アラサー、アラフォーが「新しい顔」として『セント・フォース』を牽引していくことは間違いないだろう。

 その背景には、経費削減により生ワイド番組が局アナを積極的に使うようになったということがある。思えば、かつては一番組に『セント・フォース』所属のキャスターが3人も4人も出ていたものなのだが。

 生ワイドやニュースだけではなく、バラエティ番組も主戦場となった『セント・フォース』のタレントたち。“セント・フォースの異端児”らに注目だ。