「ひとまず安堵しています。すっきりしています。ほっとしています」。2月26日、小室哲哉(62才)との約3年にも及ぶ離婚闘争を終えたglobeのKEIKO(48才)。これはその直後、彼女が本誌・女性セブンに吐き出した心の底からの言葉だ。

 2人の夫婦生活は、まるでジェットコースターのように浮き沈みが激しいものだった。音楽プロデューサーと、同じユニットに所属するシンガーによる電撃婚が世間を驚かせたのは2002年のこと。当時、ヒットチャートを騒がせ続ける小室はわが世の春を謳歌していた。KEIKOも妻としてビジネスパートナーとして、彼と華やかな生活を楽しんでいた。

 2006年に小室が、音楽著作権をめぐる詐欺容疑で逮捕・起訴されたときも、KEIKOは会見を開き、「離婚はしません」と内助の功を発揮。

「同時に小室さんの借金生活などもわかり、ヒットメーカーの意外な窮状が明らかになりました。しかし、その後もKEIKOさんは彼を支え続け、事件により夫婦の絆が深まったという人さえいた」(レコード会社関係者)

 だが、2011年10月にKEIKOがくも膜下出血で倒れると状況が一変する。数時間に及ぶ手術を受けたKEIKOは、一命は取りとめたものの事実上の活動休止に。以来、夫が妻を献身的に支える日々が続いていた──と思われていた。それが幻想だと知らしめたのは2018年1月の『週刊文春』だった。小室が看護師のA子さんと数年来にわたって不倫関係にあると報じたのだ。

 小室はすぐに釈明会見を開き、不倫は否定しながらも、夫婦が置かれている状況をつぶさに説明した。そこで明かされたのは、KEIKOは「高次脳機能障害」であり、音楽に関心を持たないこと、「小学4年生の漢字ドリル」に取り組んでいることなど、以前とは変わってしまった彼女の姿だった。そして、介護のために自らも心身ともに疲れ果てていると告白した。

 この会見で小室は涙をこぼし、音楽業界からの引退も発表。すると、不倫スキャンダルのはずが、小室への同情の声が高まり、逆に不倫を報じた『週刊文春』をバッシングする逆転現象が起こったのだ。

 しかし、不貞行為をした側が擁護されるという不思議な現象は長続きしなかった。同年7月、KEIKOの親族が『週刊文春』の取材に答えた。小室の会見は嘘ばかりで、KEIKOのプライバシーを悪し様に語ることで「論点をすり替えた」と主張したのだ。

「そこから、小室さんがKEIKOさんに生活費を渡していなかったことや、KEIKOさんの実家に多額の借金があったことなどまで明るみに出たのです。KEIKOさんの親族によれば、彼女は普通に日常生活を送れていて、小室さんが介護をしていたという事実もなかったそうです」(芸能記者)

「悪いことがとても多かったです」

 不倫報道から現在に至る約3年は、離婚闘争期間ともいえるものだった。KEIKOの知人が明かす。

「不倫については小室さんが否定したこともあり、KEIKOさんとしては信じたい思いもあったんです。でも、その後、彼から直接釈明も謝罪もありませんでした。会見から数日後、小室さんの代理人を名乗る弁護士からKEIKOさんのお母さんに突然、電話があったそうです。『もう関係の修復は難しいので、お母様と話をしに自分(代理人)がそちらに行く』という趣旨の電話だったと聞いています。

 小室さん本人からの連絡を待っていたら、弁護士を立てられ、さらに“修復困難”と一方的に告げられた。KEIKOさんとお母さんはひどくショックを受けたそうで、仕方なく自分たちも弁護士への相談を始めました」

 その後は互いに弁護士を介しての“会話”となった。結局、不倫報道後、夫婦は一度も顔を合わすことなく、2020年春には、小室が離婚調停を申し立てた。

「調停はこれまで条件面が争われていました。KEIKOさん側は正当な条件を擦り合わせるために、小室さんの資産や収入の開示を求めていました。しかし、小室さんはなかなか応じなかった。そこに新型コロナで調停自体の進行も遅れ始めたのです。もっと長くかかるだろうと思われていましたが、今年に入って急展開。小室さん側が相応の財産分与を行うことで決着したのです」(2人の知人)

 最後の離婚調停は2月中旬だった。小室は白い高級外車で東京家庭裁判所に現れ、一方のKEIKOも大分から上京していた。この日、2人は3年間で最も近い距離にいたという。だが、同じ部屋で顔を合わせることはなかったようだ。互いに別々の部屋で調停委員と面談。そして、約19年間の結婚生活にピリオドを打った。

「小室さんは離婚成立が現実的になった頃から、これまでを振り返ることが増えたようで、不倫が発覚する直前までは相当に自分本位だったという反省もあるようです。最後の調停では彼からKEIKOさんに面会を求めたという話もありますが、実現しませんでした。KEIKOさん側が拒否したのでしょう」(前出・2人の知人)

 小室の不倫報道が離婚の発端だったとみられるが、前出のKEIKOの知人は、「やはり病気の後から小室さんの態度は変化していたと思う」と語り、こう続けた。

「彼の名誉のために言うわけではありませんが、手術後はKEIKOさんのために尽くしてくれた部分は確かにあったと思います。しかし、次第にKEIKOさんに対し、強く当たることも増えていった。特に言葉遣いが荒くなっていったそうです。

 不倫報道が出る少し前には、KEIKOさんに何度か『(小室自身が)忙しくなるから実家に帰った方がいい』と助言していたそうです。そして別居生活が始まりました。いま考えれば、彼はその頃から離婚を考えていたのかもしれませんね」

 直接言葉を交わすことのなかった3年間を、KEIKOはどのような思いで過ごしていたのだろうか。そして、小室との結婚生活をいま、どう振り返るのだろうか。

※女性セブン2021年3月18日号