「もう10年」「まだ10年」――人によって感じ方は違うかもしれない。多くの犠牲者を出した東日本大震災からまもなく10年を迎える。節目となる「10年」をテレビはどう伝えるのか? 大掛かりなプロジェクトを行っているのはNHKだ。その狙いについて、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 東日本大震災からちょうど10年となる3月11日が間近に迫り、NHKが「あの日、そして明日へ 〜それぞれの3654日〜」と題したプロジェクトを行っています。

 中核を担っているのは、もちろん関連番組の放送。6日(土)から14日(日)にかけて、総合、Eテレ、BS1、BS4K、FMで、実に50を超える関連番組の放送が予定されているのです。

 主な番組を挙げていくと、まず6日(土)の目玉は、2つの大型ドラマ。綾瀬はるかさん主演の『あなたのそばで明日が笑う』(総合・19時30分〜)は宮城県石巻市で行方不明の夫を待ち続ける女性が震災を知らない建築士と心を通わせていくという物語、草なぎ剛さん主演の『ペペロンチーノ』(BSプレミアム、BS4K・22時30分〜)は津波でレストランを流されたシェフが店を再建する物語です。

ドラマでは8日(月)に最終話を迎える『ハルカの光』(Eテレ・19時25分〜)にも注目。震災で家や友人を亡くした主人公を黒島結菜さんが演じていますが、彼女は来春の朝ドラ『ちむどんどん』のヒロイン起用が発表されたばかりで、さらに注目が集まるでしょう。

 また、スケールの大きさで目を引くのは、『NHKスペシャル』(総合・土日21時〜、平日22時〜)。6日(土)『津波避難 何が生死を分けたのか』、7日(日)『ドラマ 星影のワルツ』、8日(月)『イナサ〜風寄せる大地 16年の記録〜』、9日(火)『私と故郷と原発事故』、10日(水)『調査報告“除染マネー”』、11日(木)『震災 映像記録 〜100か所の定点映像が映す“復興”〜』、13日(土)『いま言葉にできること まだ言葉にできないこと〜“震災遺児”10年の歩み〜』、14日(日)『廃炉への道2021 映像記録 原発事故10年の軌跡』と連日さまざまなテーマで掘り下げていきます。

民放各局を上回る予算と技術を駆使

 レギュラー番組でも、震災関連の特集を放送。

 7日(日)『ダーウィンが来た!震災から10年 奇跡の復活!三陸の生きものたち』(総合・19時30分〜)、8日(月)『鶴瓶の家族に乾杯 高橋尚子と福島スペシャル』(総合・19時30分〜)、10日(水)『サンドのお風呂いただきます 福島第一原発の中へ&浜通りのいまSP』(総合・19時30分〜)、11日(木)『がんこちゃんと失われたふるさと』(Eテレ・18時20分〜)、13日(土)『LIFE!〜人生に捧げるコント〜東北スペシャル』(総合・22時10分〜)など、いずれも震災関連の特別版であり、局を挙げてのプロジェクトである様子が伝わってきます。

 さらに震災発生当日の11日(木)は、『ごごナマ 東日本大震災から10年』(総合・13時40分〜)で宮城、岩手、福島の3県とスタジオを中継で結び、当時の様子や復興の状況をリポート。夕方には、被災地の若者がアバターで本音を語り合う『10年話せなかったこと』(Eテレ・18時40分〜)も放送されるなど、「被災地の人々に寄り添おう」という姿勢の番組が続きます。

 その他、7日(日)に8Kで撮られた映像で見せる『8K映像が語る震災遺構 あれから10年』(BS8K・19時〜)、13日(土)に福島第一原発から生放送する『福島発#ラジオ1F(いちえふ)便』(ラジオ第1・17時5分〜)などの番組もNHKならでは。公共放送として重要な日だからこそ、民放を凌駕する予算と技術を生かした番組を投入しています。

 ただ、NHKが最も伝えたいのは、「一人一人の思いに寄り添うこと」と「決して風化させてはいけないこと」の2点でしょう。それは冒頭に挙げたプロジェクトタイトルの「それぞれの3654日」というフレーズからうかがえますし、今年は随所に「次の10年につなげていこう」というポジティブなムードも感じさせます。

大きな節目で局のイメージアップを

 最後にもう1つ、特筆すべき番組を挙げておきましょう。それは13日(土)の『“ありがとう”を3.11に伝えよう委員会』(総合・19時30分〜)。

 この番組は、「被災者たちが家族、友人、同僚などにこれまで言えなかった感謝の気持ちを伝え、この10年間をねぎらい合う」というコンセプトで制作。これはもともと宮城県気仙沼市の住民による「3.11を感謝の言葉であふれる日にしたい」という思いの表れですが、単に追悼するだけでは終わらせない、10年の節目ならではのポジティブな変化を感じさせます。

 民放各局は5年を過ぎたあたりから震災関連番組を少しずつ減らしていきました。民放各局ほどでないにしてもNHKにもその傾向は見られましたが今年は一変。「われわれが放送することで絶対に風化させない」という意思を感じさせます。これは公共放送としての使命感であるとともに、「このタイミングで人々の信頼を得ておきたい」という思いもあるのではないでしょうか。

 2月24日、東京高裁が「NHKを視聴できないテレビにも契約義務がある」という判決を出したことでNHKは勝訴した反面、人々の批判にさらされてしまいました。ネット視聴を含む受信料問題もくすぶり続けているだけに、NHKとしては「震災10年のような大きな節目で存在意義を示し、イメージアップをはかっておきたい」という考えがないほうが不自然です。

 もちろん追悼や復興の意味合いも大きく、NHKの威信をかけたプロジェクトであることは間違いないでしょう。いずれにしても、さまざまな声が飛び交う9日間になりそうです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。