北川景子(34才)が主演を務め、中村倫也(34才)を共演に迎えたサスペンス映画『ファーストラヴ』が2月11日より公開中だ。興行収入ランキングでは初登場4位につけ、公開から約1か月経った今も、週間ランキングでは5位と上位をキープしている。SNSなどでは、本作を観た視聴者の感動の声が多く見られるが、キーパーソンを演じた芳根京子(24才)の演技に特に注目が集まっている。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんも「彼女の芝居には凄まじいものを感じた」と話す。

 * * *
 第159回直木賞を受賞した島本理生(37才)による同名ベストセラー小説を原作に、極上のサスペンスが展開する映画『ファーストラヴ』。重厚なラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)から少女コミックを原作とした『あのコの、トリコ。』(2018年)まで、幅広く映画作品のシナリオを手がけてきた浅野妙子(59才)が脚本を担当し、『十二人の死にたい子どもたち』(2019年)や『望み』(2020年)など、数々のサスペンス作品を世に送り出してきた堤幸彦監督(65才)がメガホンを取った。主演の北川や、中村、芳根のほか、窪塚洋介(41才)、板尾創路(57才)、木村佳乃(44才)らが適所に配され、魅惑の布陣となっている。

 物語は、女子大生・聖山環菜(芳根)が父親を殺害した容疑で逮捕されるところから始まる。取り調べに対する彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な言葉が世間を騒がせる中、公認心理師の真壁由紀(北川)がこの事件を取材することに。由紀は、夫である我聞(窪塚)の弟で弁護士の庵野迦葉(中村)とともに環菜の本当の動機を探るため奔走するが、環菜の供述は二転三転していく。そんな彼女に対して由紀は、過去の自分と似た“何か”があると感じ始める。由紀の過去を知る迦葉の存在、そして環菜の過去の真実に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの“ある記憶”と向き合うことになる。

 こう記してみると、本作における芳根の役がいかに重責を負っているのか一目瞭然なのではないだろうか。主演は北川ではあるものの、彼女演じる由紀が仕舞い込んでいた“過去”や、“本当の自分”に向き合うきっけかけを作るのが芳根演じる環菜なのだ。殺人事件をきっかけに呼び覚まされる記憶とあって、由紀の過去がいかに深刻なものか想像できるだろう。そこへ環菜だけでなく、由紀の過去を知る迦葉、穏やかで懐の大きな夫の我聞らが絡み合ってくるのだ。

 原作を手がけている作家・島本理生の作品といえば、『ナラタージュ』(角川書店)や『Red』(中央公論新社)がこれまでに映画化され好評を博してきた。いずれも重厚な恋愛劇だ。本作も、タイトルから予想できるように恋愛劇の側面を持つが、最も強く強調されているのは、登場人物たちのぶつかり合いや、それぞれが抱えるトラウマに対峙するさま。そのキーパーソンを芳根が演じており、彼女が全身全霊で表現する環菜という人物こそが、本作に凄みを与えている。

 芳根といえば、現在放送中のドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)にも登場して注目を集めている。彼女が演じた人物は、ゾンビが溢れ返る世界で主人公たちに取り入り、裏切り、最終的にはこれらの真意を明かし、物語の世界から姿を消した。芳根の出番はたった数話だけだったものの、一人の女性の心の機微を大胆かつ繊細に演じ、完全に場をさらっていたように思う。

 そもそも芳根は、この手のキャラクターを演じるのが抜群に上手い。何らかの理由でドン底にある人物や、感情のスイッチの切り替えを必要とする役どころだ。特に印象に残っているのが、土屋太鳳(26才)とダブル主演を務めた映画『累-かさね-』(2018年)。同作では、容姿端麗で自信に満ち溢れた若手女優役を土屋が演じ、自身の容姿にコンプレックスを抱えた女性を芳根が演じた。劇中ではこの2人の女性が“入れ替わる”ことになる。世の中の全てに悲観的な言動から、高飛車な態度までをも芳根は演じ分け、大きなインパクトを残した。

『ファーストラヴ』での環菜も、芳根が得意とする役どころだ。だが、今作での芳根の演技はこれまでよりさらにパワーアップしており、“好演”などという言葉には収まらないほど強烈な衝撃を与えている。殺人犯として収監された環菜は、サイコパスのように扱われ、常軌を逸した振る舞いを繰り返す。表情と言動の不一致、完全に光を失った目、環菜というキャラクターの感情の起伏を自在に操り“激情”を表現するさまは、鑑賞後「芳根自身の実生活にも支障を来すのでは?」と思わず考え込んでしまったほど。とにかく彼女の一挙一動に圧倒されっぱなしの2時間だった。

 特に芳根は、泣きの演技に定評がある。共演者や監督も、芳根の泣きの演技について「涙の魔術師」と語っているほどだ。口コミにも、「泣きの芝居にさらに磨きがかかっている」「涙腺崩壊とはまさにこのこと」など、芳根の涙に言及する声が多く見られた。涙は流そうと思って簡単に流せるものではない。涙が流れるに至るまでの心的な理由を内面で作らなければならない。その精神状態を想像するだけで心配になるが、芳根の凄まじさは、まさにここにあるのではないだろうか。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。