元夫婦の明石家さんま(65才)と大竹しのぶ(63才)がタッグを組んで話題となっている。さんまが初の企画、プロデュースを務めるアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開予定)で、しのぶが主人公の肉子ちゃんの声を演じているのだ。

 二人が結婚したのが1988年、そして離婚したのが1992年のこと。子供の親権はしのぶが持つことになったが、さんまは血縁関係のない長男・二千翔さん(36才)と、長女でタレントのIMALU(31才)と定期的に顔を合わせ、父親としての役割を果たしてきた。離婚した夫婦とは思えない仲のよさに、世間では幾度となく復縁説がささやかれてきたが、しのぶは、さんまとの関係を「友達以上、家族未満」ときっぱり断言している。

 夫婦問題カウンセラーとして30年以上さまざまな離婚問題と向き合ってきた岡野あつこさんは、「さんまさんとしのぶさんは、日本では最先端の夫婦」と話す。

「日本では、離婚というと、どうしても双方の『争い』として捉えられやすい。弁護士をつけて調停や裁判をすれば『勝ち負け』を争うことになるし、感情的になって勢いで協議離婚すると、後々になって条件のことでもめるケースが多い。

 離婚において大事なのは、『どちらが正しかったか』を決めることではありません。日本人は、『いい離婚』をしようという意識が低いのです。さんまさんとしのぶさんのような関係はアメリカでは珍しくないですが、日本では“最先端”といえます」

「離婚大国」と呼ばれるアメリカでは、離婚後も2人で食事したり、悩み相談の相手になるなど、元夫婦が親しくつきあいを続けることは一般的だ。

「IACPという団体が『もめない離婚』を推奨していて、裁判になっても互いの弁護士が手を組み、双方がうまく話し合って“仲よし離婚”ができるシステムが流行っています。最近は日本でも、若い夫婦を中心に“仲よし離婚”する人もいますが、まだまだ少数派です」(岡野さん)

 実際に、離婚経験のある女性に話を聞くと、元夫は「赤の他人」と答えるケースがほとんど。何十年経っても元夫への憎しみが収まらないという人もいる。30年前に離婚した女性が語る。

「恋人になって3か月でスピード入籍した直後、元夫の酒乱と暴力、浪費癖が発覚しました。当時はDVという言葉もなく、『男の人なんてそんなもんよ』と、周囲に理解してもらえないことも悔しかった。

 とどめは、元夫の浮気。相手は同じアパートの1階に住む女性でした。散々いがみ合ってやっと離婚できたのに、元夫から『借金を完済したら復縁しよう』としょっちゅう電話がかかってきて、『許されるなら、自分の手で殺したい』という気持ちが消えるまで20年以上かかりました」(57才・パート)

 子供がいる場合ならどうか。別の離婚経験者が語る。

「養育費ももらっていたし、娘と元夫の仲は良好です。離婚したのはもう20年も前ですが、娘の結婚式には双方が出席し、大人の対応で乗り切りました。ところが、娘の家に孫の顔を見に行ったら、まさかのバッティング……。数日後、涙があふれて胃が痛くなり、大変でした。二度と会いたくない」(59才・自営業)

 子供が夫婦の緩衝材になるとは限らず、なかには、まだ幼い子供との面会交流があるため、なかなか縁が切れないことが負担となっているケースも多い。岡野さんは「仲よし離婚」に至るには、お互いへのリスペクトが欠かせないと話す。

「離婚した後も仲よくなれるかどうかは、離婚時にもめるかどうかで決まってくる。さんまさんとしのぶさんは、離婚時にもめずにちゃんと話し合い、お互いが認め合える離婚ができたのでしょう。いろんな夫婦がありますが、一度は好きになった相手です。『この人と出会ったから今日がある』と思える離婚を目指せば、離婚後の人生がもっと充実するはずです」

 しかし、「好き」という感情は厄介なもの。「いい離婚」の妨げとなりかねない。たとえば、木下優樹菜(33才)と、お笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(50才)元夫婦。離婚後も同じマンションの別の部屋に住み、2人の子供の育児を協力して行う仲のよさから「偽装離婚」との噂もあるが、「フジモンとユッキーナ」は「さんまとしのぶ」にはなれないと岡野さんは言う。

「浮気騒動のあったユッキーナに押し切られて離婚したのでしょうが、女々しいフジモンはどうしても彼女が好きで離れらない。ユッキーナの方は、ほかの男に一度は行ってみたものの、よく考えたらフジモンの方がよかったと気づき、のこのこ戻ってくる。私がフジモンの親なら許しませんが、戻ってくる女性はちゃっかりしています。

『ちゃっかり』と『女々しさ』が合致すると離婚後も仲よしでいられますが、さんまさんとしのぶさんのように、お互いが認め合った上での『仲よし離婚』とは違う。離婚は、好きすぎると女々しくなるし、嫌いすぎると闘いになる。『ほどほどに好き』でなければならないのです」

 さんまとしのぶの絶妙な距離感は、2019年に放送された『誰も知らない明石家さんま 第5弾』(日本テレビ系)内での2人のトークからも垣間見える。

《友達でもないし、知り合いでもないし、いまは家族でもないけど、親戚でもないし、不思議な関係》

 そう話すしのぶに、「知り合いは知り合いやろ」とツッコミを入れつつ、さんまがこう続ける。

《ただ、IMALU、二千翔の父っていうこと。いまもね。これが「元」がつかないねん。元旦那やけどね》

 名言を残したさんまに、《「おれ、いいこと言ったやろ」って絶対思ってる。そこまでわかるのが、私》と、しのぶが間髪入れずに切り返してVTRは終わる。

「離婚した夫婦は、共演NGが常識。キャスティングで気を使わないのは、さんまさんとしのぶさんくらいです。別れたから言えることもあるのでしょうが、さんまさんとしのぶさんは、意識していろんなことを話すようにしていると聞きます。その努力があるから、いまでもいい関係を保てるのでしょう」(テレビ局関係者)

 世の夫は、さんまほどおしゃべりでもなければ、話もつまらないだろう。しかし、還暦を過ぎてもなお、誰よりも信頼できるパートナーになるためには、「ほどほど」に話し合うことが欠かせないようだ。

※女性セブン2021年4月15日号