世間を騒がせた有吉弘行(46才)と夏目三久(36才)の結婚には多くの人が驚いた。有吉と芸能界で最も仲が良いといわれるアンガールズの田中卓志(45才)でさえ、結婚については知らなかったという。4月8日発売の「女性セブン」は、有吉の故郷・広島を取材。すると、極秘交際に関する意外な情報がもたらされた。

 4月2日の夕方、世間を騒がせる結婚が発表される約2時間前のこと。
 
 有吉は仕事を終え、車で都内のテレビ局を出た。向かった先は所属事務所の太田プロダクション。有吉が所属事務所に顔を出すのは、年に一度あるかないかのことである。

「有吉さんが事務所へ行ったのは、社長、副社長、担当マネジャーとの話し合いのためでした。夏目さんとの結婚発表のタイミングの最終調整や、同棲を始めた時期など、細かい点についての話を詰めていたのでしょう。じっくりと話し合い、その場でスポーツ紙が報じた結婚の速報記事や、その後の世間の反応を皆で確認していたそうです」(芸能関係者)

 その後、有吉のツイッターでも直筆のコメントが発表され、報道にお墨付きが与えられると「本当だったんだ!」と世間はますますヒートアップ。盛り上がりを見届けて、有吉は20時頃に事務所を出て、夏目が待つ自宅へと帰っていった。

 そもそも二人の結婚が最初に報じられたのは、いまから5年前の2016年8月のこと。日刊スポーツが、ふたりの真剣交際と年内の結婚、さらには、夏目の妊娠を“スクープ”したのだ。
 
 ところが、ふたりの所属事務所はそれぞれ否定。夏目は日刊スポーツのライバル紙であるスポーツニッポンの独占インタビューに応じ、《記事に書かれているような事実は本当にありません》《あまりにひどい内容に大変ショックを受けました》と全面的に否定した。日刊スポーツは報道から3か月後に、《一連の記事には事実と異なるところがありました》と一面にお詫び記事を掲載、妊娠報道は幻と化し、ふたりの関係もうやむやとなった。

 あれから5年後の結婚発表となったようだが、有吉の故郷、広島県の熊野町では「ついに結婚しましたか」という待望の声も上がっている。

 有吉の実家の近隣住民は、夏目の存在を聞いていたという。

「ちょうど5年前の報道のとき、お母さんに『おめでとう』と言ったら『まあ、どうなるかわからんよ』と言うだけでしたよ。でも、いまから6、7年前に弘行くんの姪っ子が生まれたとき、夏目さんからフランス製のおくるみをもらったってうれしそうだったのを覚えています」

 2016年当時、有吉の地元では、すでに夏目の存在が知れ渡っていたようだ。しかし、その後、有吉の母親を始め親族が一斉に口をつぐんだという。

「確かに当時、交際はしていました。でも行きすぎた憶測で妊娠が取り沙汰され、全面的な否定をしないと事態が収まらなくなり、その結果、破局するしかなくなってしまったと聞いていました。

 そこから再び交際が始まったようですが、同じ失敗は繰り返さないと、親族を含め有吉の交際については何も話さなくなったそうです」(芸能関係者)

 そんな中、有吉の伯母は、過去に一度、夏目との交際が順調なのか、有吉に直接聞いたことがあるという。その伯母が明かす。
 
「『おれ、素朴な人がいいよー』とはぐらかされてね。『ちょっとあっち向いといて、とおれが言ったら、はい、向きます、と素直に従って、おれが言うまでずっとあっちを向いているような子だな』と言っとりました。やっぱり隠しとらんといけないんでしょうね。『いらんこと言わんとってよ。誰が来ても言うたらダメよ』とも言われたもんね。いままで親族はみんな隠してきたんよ」

 そう言いながら、「良かった」と何度も笑顔で繰り返す伯母。有吉の親族にとっても「やっと春が来た」という思いなのかも知れない。

 4月8日発売の「女性セブン」では、この結婚を待ち焦がれた有吉の母親に訪れていた異変、実家から彼女が忽然と姿を消した理由などを詳報している。