日テレ「柏原芳恵の年齢非公表」に見るテレビへの違和感

日テレ「柏原芳恵の年齢非公表」に見るテレビへの違和感

 新春特番が目白押しのテレビ界で、違和感の残るテロップ表記があった。1月3日に放映された『今夜くらべてみました 新春ゴールデンSP』(日本テレビ系)では豪華なラインナップが揃った。同番組では毎回、共通点のある3人をゲストに呼び比較していく進行だが、今回は2時間半特番ということもあり3組が登場。1組目は1月に新ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で共演する女優の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が「トリオ ザ 実はネガティブな女」、2組目は萬田久子(58歳)、ローラ(36歳)、中村玉緒(77歳)の「トリオ ザ パスポート真っ黒けな女」、3組目は新妻聖子(36歳)、柏原芳恵、小柳ゆき(34歳)の「トリオ ザ 華麗なる歌姫」だった。

 1組目は出演中、名前の横に年齢のテロップはなかったが、新聞のテレビ欄に『同級生アラサー女優』と明記され、番組でもそう謳われていた。2、3組目は出演中、年齢が表示されていたが、柏原芳恵だけ年齢の表記がなかったのだ。テレビ局関係者が話す。

「番組側が自主的に年齢を隠したとは考えづらい。おそらく、事務所サイドが表記を渋ったのではないでしょうか。柏原さんは個人事務所所属で、事務所の影響力がそれほど大きいわけではありませんが、制作サイドがその意向を汲んだのでしょう。

 しかし、最も大事な視聴者をいちばんに考えていない。柏原さんだけ年齢が表示されていないと、逆に気になりますからね。明らかに不自然。それに、今はネットで調べればすぐに分かってしまう。番組を見ていた視聴者が柏原さんの年齢が気になり、ネットで検索し始めて、テレビから離れてしまったら元も子もないでしょう。事務所への余計な優しさが自分たちを痛めつけている」

 しかも、番組内で『14歳の時にオーディションを受ける』『80年にデビュー』という情報が出ていた。こうなれば、視聴者にだいたいの年齢は想像ついてしまう。そうなると、柏原の年齢非公表は番組を進める上で、物凄く小さなことと思われるが……。

「こうしたことが今、日本で最も視聴率を取っている日本テレビのゴールデン帯で起こった。いちばん勢いのあるテレビ局でさえ、完全に事務所の言うことに、単純に頷いてしまっているという象徴かもしれません。

 本来、年齢を出さないことのマイナス面を丁寧に説明すれば、事務所側もわかってくれるのではないでしょうか。結局、ネットで調べれば誰でもわかることなのですから。もちろん、年齢を隠したくなる女性の気持ちはわからなくもないですが、柏原さんくらい綺麗であれば、逆に同世代を励ますことにもなりますからね」

 元日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志がこう警鐘を鳴らしていた。

「いまだに事務所の力関係で、大きい事務所の(芸能人の)スキャンダルは扱えなかったりすることがある。そういうのは一般の人にバレてるから。なんであのニュース扱わないのとか、今やネットでさんざん上位に上がっているのにワイドショーでは一切扱わないこの“違和感”は、テレビ業界の人たちもそろそろ気づいてほしい。一番損をするのはタレントだと思うんです。どんどん(視聴者)が離れていって、誰も芸能界を信用してくれなくなるのはイヤだなと思います」

 事務所サイドの意向をあまりに過剰に気にし、主導権を握られてしまっている現在のテレビ番組。ネットで調べればすぐにわかることをテレビで隠してしまうという点において、大手事務所に配慮して扱わない芸能ニュースも、柏原芳恵の年齢を非公表も同じ問題をはらんでいるのではないだろうか。テレビ局と芸能界の関係は、今、岐路に立ち始めているのかもしれない。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

21時14分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索