岡田准一 有名建築家に設計依頼し5億円豪邸建設

岡田准一 有名建築家に設計依頼し5億円豪邸建設

 まさに私生活でも天下分け目の戦いを迎えていた。間もなく公開する映画『関ヶ原』で主演を務める岡田准一(36才)にとって、一世一代の大決心。今、岡田は一戸建てを建てているという──。

 坂をのぼると富士山も望める、都内でも有数の閑静な高級住宅街。著名人も多く住み、豪邸が並ぶが、その中でもひと際目立つ敷地がある。

「つい最近、工事が始まりました。土地は約230坪。このあたりは坪あたり150万〜200万円が相場といわれるため、土地だけで約3億円ほどでしょうか。もともと2つに分かれていた土地を合わせて購入されたとあってかなり広い。都内の通常の戸建てでは軽く10軒が建つくらいです」(地元不動産業者)

 建築計画が張り出され、建築主の覧に岡田の名前を見つけると近隣の住人に驚きが広がった。

「こんな広いお家を買うなんて、ついに…と。なんか嬉しいですよね。近所には同じジャニーズの先輩であるTOKIOの国分太一さん(42才)が家族で暮らすお家もありますしね。都心ではないですが子育てや家族で生活するにはとてもいい場所なんですよ」(近隣住民)

 岡田と宮崎あおい(31才)の交際を女性セブンが報じたのはちょうど2年前の2015年8月のこと。友人宅で行われたパーティーに参加しているところだった。

「最近も都内をドライブデートしたり、スーパーで一緒に買い物する姿も目撃されています。ふたりとも食材へのこだわりが強くて、韓国料理の食材専門店を訪れたりすることもあるようですよ」(スポーツ紙記者)

 順調な交際が続いているというふたりだけに、近隣住人ならずとも「もしや」と期待してしまうが、具体的な予定はまだないという。

「岡田さんも、もう36才ですからね。今回も2億円のローンを組んだといいますし、ローンが組めるうちにと、購入を決意したんじゃないですか。もともと、岡田さんは近代建築に興味があって、地方ロケなどがあると現地の有名な建築物の写真を撮りに行くほど。昔から自宅へのこだわりが強かったようですし、40才を前に一度一戸建てを建ててみたいと思っていたことを実現したんでしょう」(芸能関係者)

 今回、岡田が設計を依頼したのは有名建築家の中村拓志氏(43才)だ。

「中村さんは東京・表参道にある東急プラザや成田空港第二ターミナルの増築棟、羽田空港内のラウンジなどを監修した第一人者で、岡田さんのラジオにも登場するなど公私にわたって交流がありました。2年ほど前にもラジオで“中村さん、どうします? ぼくの家は”なんて話で盛り上がっていましたね。植物や太陽の光、風といった自然を多く取り入れるような空間デザインをする中村さんのセンスに岡田さんは魅了されていて、こだわりの未来図は絶対中村さんに頼むと決めていたようです」(前出・芸能関係者)

 竣工は来年8月の予定だという。

「地上2階、地下1階のデザインだそうです。延べ床面積は400平方メートルほど。庭なんかにも相当こだわって、土地代をあわせて5億円はするそうです。建物の完成までに1年以上もかかるなんて、デザインや細かい部分にかなりこだわって作っているんだと思いますよ」(前出・芸能関係者)

 岡田の描く未来予想図は、ほら…。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索