松居一代 セクシー場面ある31年前の映画に10万円の値つく

松居一代 セクシー場面ある31年前の映画に10万円の値つく

 船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動が続く松居一代(60)。自ら無料動画をネット配信し話題を振りまく彼女だが、一方でかつての“お宝映像”に注目が集まっている。その作品とは、高校の英語教師を演じ、教え子役の岡竜也との禁断の恋を描いた映画『衝撃』(1986年公開、新東宝)。映画ライターの藤木TDC氏が解説する。

「『キャタピラー』など数々の名作を世に送り出した故・若松孝二監督の隠れた名作です。当時『11PM』(日テレ系)のアシスタントとしてテレビに出始めだった松居が、バストトップを露わにし、10分以上もの濃厚なセックスシーンに挑んで話題になりました」

 離婚騒動の直後、同作は“飛ぶように”売れたという。都内の中古ビデオショップ店員の話。

「定価1万5000円のVHS作品ですが、10年以上前に2点仕入れたときには既に生産中止となっていたので、2万5000円の値を付けました。長らく売れず、店内でホコリを被っていたのですが、松居さんがワイドショーを賑わせた7月初めに2点とも売れた。これならもっと高い値を付けても売れたと思います」

 ネット上の中古ビデオショップではどこも売り切れ。オークションサイトでは「プレミア価格」が付けられており、安いものでも3万円から、最高で10万円の値が付けられている(8月1日現在)。

 そのうち配信動画も有料化したりして。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索