浅丘ルリ子が石原裕次郎と40年ぶりのデュエット、涙を我慢

浅丘ルリ子が石原裕次郎と40年ぶりのデュエット、涙を我慢

 あの名曲を“噂のふたり”がデュエットするというのだから、当時を知る関係者がザワつかないわけがない。

「裕ちゃんは私の6才上なのですが、今回の共演では私のほうが年上になってしまって」

 そう感慨深げに語ったのは、浅丘ルリ子(77才)。8月11日放送の『決定版!これが日本の名曲だ』(テレビ朝日系)で、最新のCG技術によってステージ上に“復活”した石原裕次郎さん(享年52)との共演が話題だ。

「あれだけ共演作品が多いにもかかわらず、ふたりがテレビでデュエットを披露したのは過去に1度だけ、40年前のことです。しかも、歌ったのは『夕陽の丘』で、『夜霧よ今夜も有難う』は初めてなんです。ステージに腕を組んで登場するのは、浅丘さん自身のアイディアだったそうです」(番組関係者)

 裕次郎さんは生前、100本以上の映画に出演したが、そのなかで浅丘は最多となる37本で共演。当時は週に2本の映画を製作するほどの壮絶な忙しさで、ふたりはセットの片隅で重なるように眠ることもあったという。

「裕ちゃんは優しくて、見ていないようでいて見てくれていて、私が疲れていると誰よりも早く気づいて、『ふたりで食事でも行こうか』。そういう気配りをしてくださいました」と浅丘は懐かしそうに語っている。

 それほど関係が深かっただけに、ふたりの間には“恋の噂”も絶えなかった。石原プロ関係者が明かす。

「ルリちゃんは石原プロの役員だった時代があるぐらい裕次郎さんの大切なパートナーでした。周囲から冗談で“ルリちゃんとつきあってるんでしょ?”と聞かれると裕次郎さんはいつも大きな声で笑って、“ないよ、何もないよ”と言ってましたね」

 今回のデュエットを終えた浅丘はこう語っている。

「(裕次郎さんの)歌声を聴いて、“もうこの人はいないんだな”と実感してしまって。間奏のセリフが終わったところで涙がこみ上げてしまい、我慢するのが大変でした」

 自伝でも裕次郎さんのことは「頼りがいのあるお兄さん」としか語っていない浅丘の涙のワケは──ふたりの本当の関係は「夜霧」だけが知っている。

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索