星野源 逃げ恥ブレイクを無視? 王道を避け脇道をゆく狙い

星野源 逃げ恥ブレイクを無視? 王道を避け脇道をゆく狙い

 昨年、話題を呼んだドラマといえば、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。同作でカップルを演じたのは新垣結衣(29才)と星野源(36才)だ。この2人が『逃げ恥』の次にどんな作品に出演するのかに注目が集まったが、ガッキーは今夏クールで『コード・ブルー』に出演。一方、星野が選んだのは、WOWOWの連続ドラマだった。『逃げ恥』で一躍ブレイクした星野が、あえて王道を避け、脇道をゆくかのような選択をするのはなぜなのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景に鋭く迫る。

 * * *
『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』)の大ヒットから約8か月。星野源さんが、同作以来となる連ドラ『プラージュ〜訳ありばかりのシェアハウス』(WOWOW、8月12日スタート)に出演しています。

 視聴者も業界人も、「『逃げ恥』の次になぜ有料放送のWOWOW?」と驚く人が続出。星野さんが、芸能活動の“ど真ん中”と言える民放連ドラ主演のオファーを受けているのは間違いないだけに、さまざまな憶測が飛び交っています。

◆人気絶頂期にドラマ主演を避ける

『逃げ恥』終了後の星野さんは、3月にエッセイ本『いのちの車窓から』(KADOKAWA)を発売してベストセラーになったほか、4月にはアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の声優、5月にはバラエティー『おげんさんといっしょ』(NHK)に出演、7月にはドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)に主題歌提供、さらに全国ツアーを開催中と、まるでドラマから遠ざかるような活動を続けてきました。

今月スタートの『プラージュ』でようやくドラマ復帰。「やっと星野さんの演技が見られる」とファンを喜ばせた一方、「視聴率をめぐる報道に巻き込まれがちな民放ドラマは避けているのかな」という懸念が浮かび上がりました。

 その後、10月から『コウノドリ』(TBS系)に出演することが発表され、ファンと民放関係者をホッとさせましたが、星野さんが演じるのは主人公の同僚医師・四宮春樹。2015年放送の第2シリーズとはいえ、「人気絶頂期に主役という“ど真ん中”ではなく、脇役という“脇道”を歩こうとする」のがいかにも星野さんらしいと言えます。

◆『逃げ恥』以前からマルチタレントを貫く

 もともと星野さんは、俳優、アーティスト、文筆家として活動するマルチタレントでしたが、最近の活動スタンスを見ていると、「『逃げ恥』がブームになって、周りの見る目がどんなに変わっても、僕は変わらないよ」という意志表示のように見えます。

 その証拠にこの8か月間、星野さんは俳優としてのコメントをほとんど発信しませんでした。今年4月に『サワコの朝』(TBS系)と『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演したときも、アーティストや文筆家としてのスタンスばかりで、俳優業に関してはほぼ語っていません。

 芸能界では「ヒット作の次が最も重要」とされていますが、星野さんと所属事務所のスタンスは真逆。「次は民放連ドラ主演まちがいなし」という状況の中、それらのオファーをさらりとかわし、エッセイ、バラエティー、アニメ声優、楽曲提供、全国ツアーをしていたのです。

 多くの人とお金が関わる芸能界でこのスタンスを貫くのは難しいだけに、そのブレないスタンスは際立っています。星野さんはかつて演劇の現場に行くと「音楽の人でしょ」、音楽の現場へ行くと「演劇の人でしょ」と言われたほか、何度となく「1つに絞ったほうがいい」と忠告されながらもマルチタレントを貫いてきた強い意志の持ち主。さらに、ブームに流されない所属事務所のスタンスも特筆すべきでしょう。

◆手錠をかけられる前科者の役を選んだ理由

 星野さんは『プラージュ』の1話で、「ふとしたきっかけで薬物を使ってしまい、警察に手錠をかけられたほか、自慰行為の最中に火事で家を失う“前科者”の男性」を演じました。

 本人は「自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくてダメな人」と笑っていましたが、裏を返せば、自主規制が進む民放連ドラでは難しい映像表現に挑んでいるのです。「『平匡さん』とは正反対の男性にイメチェンできる」ということも、「なぜ『逃げ恥』の次に有料放送のWOWOWを選んだのか」という理由ではないでしょうか。

 星野さんは最近のインタビューで何度となく、「今が楽しいので、特にやりたいことはない」と語っていますが、その一方で「自信がないのに、やりたいことが止められない」という少年時代からの性格は変わっていません。また、『逃げ恥』以前から「底抜けに明るいクレイジーキャッツに憧れている」と公言しているだけに、今後も「ヒットなんてどこ吹く風」「脱力感とマイペースさこそ星野源」という姿を見せてくれるでしょう。

 くも膜下出血に関わる2度の手術と療養生活を経験したことから体調への心配は尽きませんが、コンスタントに私たちを楽しませてくれることに疑いの余地はありません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索