紅白歌合戦出場者、「節目組」「再ブレーク組」に注目

紅白歌合戦出場者、「節目組」「再ブレーク組」に注目

 あっという間に年末が迫ってきた2017年。今年のNHK紅白歌合戦には、デビューからの節目の年になる「記念組」も出演者としての候補に挙がっている。

「Winkは来年4月でデビュー30周年を迎えます。相田翔子さん(47才)は離婚や事業に失敗した鈴木早智子さん(48才)をかなり気にかけていましたし、2人とも前向きだとか。紅白を再結成の舞台に選ぶ可能性が高いでしょう」(テレビ局関係者)

 工藤静香(47才)もそうだ。

「今年ソロデビュー30周年を迎え、8月には12年ぶりのアルバム『凜』をリリースしたばかり。9月にはNHKの歌番組『SONGS』にも出演していますし、今年はSMAPもいませんから19年ぶりの当確ともいわれています。家族揃ってのお正月を選択する可能性もありますが…」(NHK関係者)

 同じく当確といわれているのは朝ドラ『ひよっこ』の主題歌『若い広場』を歌った桑田佳祐(61才)と、同じく朝ドラ『わろてんか』で主題歌『明日はどこから』を担当している松たか子(40才)。NHKへの貢献度も紅白出場に大きくかかわる。

「朝ドラはもちろん『うたコン』や『SONGS』などのNHKの音楽番組に出演しているアーティストも出場する傾向が強い。今年はEXILEの弟分、GENERATIONSがよく出ていましたね。また、毎年『NHK全国学校音楽コンクール』の課題曲担当歌手も、出場しています」(別のNHK関係者)

 一度落選した大物歌手の再出場はなかなか難しいが、再ブレーク組にもチャンスはあるという。サッカーへの造詣の深さが話題の小柳ルミ子(65才)も注目の1人。

「今年、紅白のエンディング『蛍の光』を指揮していた平尾昌晃さん(享年79)が亡くなったので、追悼の意味でも『わたしの城下町』や『瀬戸の花嫁』を歌うかもしれません。荻野目洋子さん(48才)もありえます。平野ノラさん(38才)がネタで披露したり、高校のダンス選手権で準優勝した高校が『ダンシング・ヒーロー』を踊るなどリバイバルヒット中です。本人も今月末の『うたコン』に出演予定です」(別の芸能関係者)

 紅白への出演は“名誉”であり、“ギャラ”ではない。それだけに気になる出演料も意外と低い。

「出演料はキャリアやNHKへの“貢献度”でランクごとに決められていて、出場回数50回を誇った北島三郎さん(81才)でも50万円前後でした。司会のギャラも控えめで、100万円程度といわれています。しかも衣装は自前といいますから、金銭的なうま味はあまりないでしょうね」(芸能リポーター)

※女性セブン2017年11月2日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索