舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」

舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」

 6月2日、満島ひかり(32才)が11月に開幕予定の舞台『ロミオとジュリエット』から降板すると報じられた。

「いいものを作るために、妥協しない。その上かなりハッキリと意見を言う。最近は小沢健二さん(50才)のライブにゲストボーカルとして出演していましたが、音楽番組での小沢さんのライブに彼女が参加したときは、スタジオのセットが不満だと言い始め、放送直前に大がかりな作り直しをしました。現場では“ゲストなのにそこまで言う!?”と不評でした。各方面から、難しい人だという噂は聞こえていましたね」(テレビ局関係者)

 こんな評判もある満島だが、舞台関係者もこう証言する。

「演技のうまさから憑依型女優とも評されるあの満島さんが、ジュリエットを演じたいと自ら脚本・演出の宮藤官九郎さんに売りこんで実現したキャスティングだったそうですが、先月突然降板することに。ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)でもタッグを組み、クドカン作品とは相性がいいはずだったのですが…。『体調不良』『スケジュールの都合』『自信喪失』などさまざまな説明が主催者側からされているのですが、満島さんがそんな曖昧な理由で降りるとは思えません。妊娠したなど大きな理由もなさそうです。事務所を辞めてからコントロールがきかなくなっているとか…」

 この3月に9年間所属していた事務所から独立した満島。新天地での初舞台となるはずだった。

「役者第一で作品を大切にする評判のいい事務所だっただけに、独立の理由も取り沙汰されました。アイドルだった満島さんを実力派女優として育てたのも事務所の手腕があったから。演技に集中したいというならこれ以上適した事務所はないはずなのに。彼女の意思を尊重し、形としては円満独立とはなりましたが周囲に違和感は残りました」(前出・テレビ局関係者)

 満島の姿勢は、他の女優たちとの間にも軋轢を生んできた。昨年10月の東京国際映画祭で、宮崎あおい(32才)、蒼井優(32才)、安藤サクラ(32才)という、同学年の3人と同じ舞台に立ったときもそうだった。

「オープニングセレモニーの後に4人そろってのテレビ取材が入っていたのですが、満島さんが直前になって『イベントに集中したい』とドタキャンを申し入れました。その後一転、満島さんがまた取材を受けると言い出したのですが、取材用の衣装の手配をキャンセルしたかたもいて、二転三転の末、取材は流れました」(映画関係者)

 さらにこんな事件もあった。

「あの日、満島さんだけが赤いドレスを着ていました。実は他の3人も赤いドレスを用意していたのですが、被ってしまうからと全員そろって別の色の衣装に変えることにしました。それなのに彼女だけが約束を破り、赤のまま登壇。3人は言葉もなかったようですよ。事務所もお手上げ、それで独立を止めなかった。今や注意できる人がおらず、今後どうなってしまうのか心配です」(前出・映画関係者)

※女性セブン2018年6月21日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索