ジェネレーションズのメンバーにインタビューし合ってもらった

ジェネレーションズのメンバーにインタビューし合ってもらった

 初の4大ドームツアー真っ最中で勢いに乗るGENERATIONS from EXILE TRIBEの7人が、力強い応援ソング『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。新曲について、ボーカルとパフォーマーそれぞれお互いにインタビューしてもらったところ、メンバー同士だから聞ける本音が…!

関口メンディー「ボーカルの2人に伺います。レコーディングの前日や当日に心がけることはありますか? 食べ物とか」

数原龍友「食べ物は気にしないけど、準備はしますよ。もう一度曲を聴いたり、歌詞を確認したり」

関口「これを食べると声がよく出る…とかないですか?」

片寄涼太「ハチミツをなめてから寝たりします」

関口「数原くんは一時期、レコーディングの時によく唐揚げを食べていたと聞きましたけど喉にいいんですか?」

数原「今思うと、関係なかったなって思います(笑い)。多分、食いしん坊だったんですね」

全員「あはは!」

数原「メンディーさんに質問なんですけど、リハーサル前にあぐらをかいて足首をコネコネしているんですけど。あれは意味ないんじゃないかなと思ってるんですけど実際は?」

関口「病院でよくマッサージをした方がいいと言われてから、やっているんですよ。足首の可動域が広がって踏ん張りがききます!」

片寄「では、新曲のダンスの見どころを、パフォーマーを代表してどなたか教えてください」

中務裕太「見どころは見たまま、感じたまま!」

片寄「いっしょに踊れる振り付けとかは?」

中務「とくにございません!」

小森隼「ありますよっ!」

中務「あります(笑い)。簡単にできるシュートという振りがあるので、遊び感覚で真似してもらえたら」

片寄「なるほど。いっしょに遊ぼうというのが、テーマなんですね。MV(ミュージックビデオ)の見どころは?」

佐野玲於「MVは倉庫で撮影したんですけど、本当に凝ってますね。メンバーの意見も取り入れていただいて、楽曲の魅力を引き出せたかなと。メンバーの頑張りが出ています」

小森「今、ドームツアーに挑戦中なんですけど、ここからがまた新たなスタートかな…と」

白濱亜嵐「ドームツアーは目標だったから、立った瞬間についにドームになんだという感動がありましたね」

小森「GENERATIONSが国民的なグループになっていけるように、いろいろな畑に挑戦していきたいです」

片寄「ちなみに、もしメンバーを息子にするなら、誰がいいですか? ぼくはメンディーさん」

中務「たしかにメンディーさんだったら、赤ちゃんの時めっちゃかわいい気がする」

関口「おれは育てやすそうな隼がいい」

数原「ぼくは全員なし。こんなに世話のかかる子たちは無理(笑い)」

白濱「おれは完全に涼太。頭もいいし、かわいいし、真面目だから」

小森「おれは亜嵐くん。親思いだから。家族でLINEのグループがあるんでしょ」

白濱「“白濱TRIBE”って名づけてるよ」

全員「あはは!」

佐野「おれは裕太くん。小学校の頃にマラソンをしていて、首を脱臼したことがあると聞いたんで。それを見てみたいから!」

中務「そんな理由?」

全員「あはは!」

※女性セブン2018年7月5日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索