NHK朝ドラ事件簿 大竹しのぶはオーディションで大騒動

NHK朝ドラ事件簿 大竹しのぶはオーディションで大騒動

 NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)は、1961年に始まって以来半世紀にわたり、その時代に輝くスターを輩出してきた。『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施したところ、1位『ひよっこ』(2017年春)の有村架純、2位『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)となった。最高視聴率62.9%という金字塔を打ち立てた『おしん』(1983年)からは、少女期の小林綾子(11位)と青春〜青年期の田中裕子(22位)の2人がランクインした。

「奉公先でいじめられ、関東大震災で全てを失い、太平洋戦争で夫と子供をなくしてしまう。苦難に次ぐ苦難で涙なしには見られない。『おしん』はシナリオが強烈だったので、そのヒロインもまた一番印象に残ってしまうんです」(58・会社員)

 朝ドラヒロイン誕生の裏には、ドラマ以上のドラマもあった。24位に入った大竹しのぶがヒロインを演じた『水色の時』(1975年春)では、オーディションで“事件”が起きたという。同作の脚本を担当した映画監督の石森史郎氏が明かす。

「オーディションの最終選考に残ったのは15人。そのなかに大竹もいましたが、NHK側は最初からヒロインを決めていた。僕が『この子(大竹)を起用する』っていったら、すごい圧力がかかって。NHKと大喧嘩になったんです(笑い)。

 他の14人に比べて大竹だけが背が低くてガニ股で、それが松本を舞台に平凡な家族との平凡な生活を描くにはピッタリだった。彼女は当時高校2年でしたが、台本を読ませたら即座に僕のイメージ通りの芝居をこなすんです。すでに女優の才能が飛び抜けていた」

 57年にわたる歴史のなかで、数多の名女優を生み出してきた朝ドラ。ドラマ評論家の成馬零一氏が語る。

「これまでの朝ドラヒロインは、苦境にも負けない強さや、理想の母親像であったり、いろんなものを背負ってきました。しかし近年はそのイメージが崩れてきた。ひよっこの有村が典型ですが、“なにも背負ってない”んです。ただ素直に生きている可愛い娘を等身大で描いている。背景にあるのはもちろん時代の変化でしょう。貧困から社会進出、そして自由な女性へ。今回のアンケートで、最近の作品のヒロインが数多くランクインしているところを見ると、視聴者の好みもまた朝ドラと共に変わっていったことを実感します」

 来年4月放送予定の『なつぞら』(主演・広瀬すず)で100作目を迎える朝ドラとそのヒロインは、これからも時代を映す鏡であり続けるのだろう。

※週刊ポスト2018年8月17・24日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索