サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価

サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価

 戸田恵梨香(30才)主演で話題のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。このドラマで元小説家・間宮真司(ムロツヨシ・42才)の先輩役として出演している、サンドウィッチマン・富澤たけし(44才)の演技が話題になっている。富澤は今、ドラマに引っ張りだこ。今年放送されたドラマでは『精霊の守り人 最終章』(NHK)、『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)、『大恋愛』の3つに出演。過去には『カルテット』(TBS系)、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)などの話題作にも出演しており、主役級ではないがひそかに俳優としての需要が高い。なぜ芸人の富澤がドラマで求められるのか。お笑い評論家のラリー遠田さんが分析する。

 * * *
 起用の理由のひとつには、サンドウィッチマンの注目度の高さを制作サイドが期待して、という側面はあるでしょう。雑誌『日経エンタテインメント!』が毎年行っている『好きな芸人調査』で、14回1位を獲得していた明石家さんまさんを抑えて、今年はサンドウィッチマンが1位に輝きました。今、最も勢いのあるお笑い芸人の1人と言えます。

 しかし、それだけが理由ではもちろんありません。富澤さんの演技力が評価されているのは間違いありません。『大恋愛』で富澤さんは、真司が働く引っ越し会社の先輩で、真司のよき相談相手です。そして予言めいた事も言う、頼りがいがありながら、おかし味のある役柄を演じています。主人公がだんだん記憶をなくしていくというストーリーで、シリアスになりがちなところで、富澤さんが登場することによって場が和む効果を生んでいます。

 4話では、戸田さん、ムロさん、富澤さんの3人が会話するシーンがありますが、まるでプライベートの会話を覗いているかのようでした。それは、漫才やコントの演技と同じように、富澤さんの芝居が自然だからです。制作側が富澤さんを選ぶ理由は、演技力のほかにもあります。サンドウィッチマンは2人とも人柄のよさが知られています。強面で怖そうだけど実は優しい、というキャラクターは富澤さんにぴったりで、『大恋愛』でもその魅力が発揮されています。

 そうしたキャラクターは過去の作品でも求められてきました。富澤さんの役どころは、『BG〜身辺警護人〜』ではちょっととぼけた飲食店の店員、『カルテット』では愛妻家のシェフなど、漫才やコントで見慣れた、等身大の役が多いような気がします。だから芝居の中でも自然体でいられるのでしょう。

 では、これが正反対の役だったら、どうでしょうか。最近役者としても頭角を現しているアンジャッシュの児嶋(一哉)さんや、もはや俳優業の方が多そうな板尾創路さんなどは、役柄によって演技が変化します。富澤さんの場合は、役者の仕事が増えてきたといってもまだ俳優としてのキャリアは浅いですし、大柄で強面の容姿なので、演じられる役柄は狭くなりますが、今までのイメージを覆すような役をやったら一躍、“俳優富澤たけし”が脚光を浴びるかもしれません。

 もちろん富澤さんは漫才・コントをベースに仕事をしているでしょうし、サンドウィッチマンは忙しいと思うので、今くらいのペースで今後も俳優業をやっていくと思いますが、新たな一面を見せてくれるようなチャレンジにも今後は期待したいですね。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索