秋ドラマの珍現象 “アンダー7”4作に熱烈なファンが続出

秋ドラマの珍現象 “アンダー7”4作に熱烈なファンが続出

 視聴スタイルが多様化するなかで、視聴率はドラマの評価を決める指標ではもはやないのかもしれない。それを示す珍現象が今期のドラマで起きている。いったいどういうことか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 秋ドラマが中盤戦に入る中、視聴率での明暗がはっきり分かれています。まず、『相棒』(テレビ朝日系)、『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)、『下町ロケット』(TBS系)が15%前後の高視聴率をキープして“トップ3”を形成。

 一方、『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)、『中学聖日記』(TBS系)、『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)、『黄昏流星群』(フジテレビ系)の4作は、いずれも7%以下の低視聴率に沈んでいます。

 その他の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)、『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)、『駐在刑事』(テレビ東京系)、『獣になれない私たち』(日本テレビ系)は、9〜12%前後と平均的な数字だけに、5〜6%の“アンダー7”4作が差のついた下位グループであるのは明らか。

 通常これほど低視聴率のドラマは、「酷評されたあと、SNSの書き込みや関連記事が減って、話題にあがらないままひっそり終了」というパターンなのですが、今期の視聴率“アンダー7”4作は様相が大きく異なり、それは珍現象とも言えるものなのです。

◆刑事・医療・弁護士、シリーズ作に頼らない

 現在“アンダー7”4作に寄せられる声の大半は、酷評ではなく称賛。序盤で飛び交っていた厳しい声はすっかり収まり、楽しさを共有し合うような声が中心となっています。

『ハラスメントゲーム』は「週替わりでさまざまなハラスメントを扱った上で、清濁併せ吞む主人公が痛快に解決していく」という脚本の質。『中学聖日記』は「教師と生徒の恋」という強い背徳感と映像の美しさ。『僕らは奇跡でできている』は童話のようなファンタジックな世界観による癒し。『黄昏流星群』は3組のドロドロ不倫を大マジメに描く面白さ。

 それぞれ異なる形で興味を集め、『ハラスメントゲーム』は「スカッとする」、『中学聖日記』は「ドキドキする」、『僕らは奇跡でできている』は「ほっこりする」、『黄昏流星群』は「ツッコミたくなる」などの心境から、SNSでのコメントが活性化しているのです。

“アンダー7”4作の共通点は、「スタート前から厳しい声を受けやすい設定」と「思い切った挑戦作だったこと」の2つ。

 放送前から『ハラスメントゲーム』には「ハラスメントをゲームにするな」、『中学聖日記』には「義務教育でありえないし、タイトルが成人向け映画みたい」、『僕らは奇跡でできている』には「何が奇跡なのかわかりにくい」、『黄昏流星群』には「中年の不倫を見て何が楽しいのか」などの厳しい声があり、「1話から見てもらえない」という悲劇を招いてしまいました。

 ただ、4作ともに、そんな厳しい声が飛ぶことを承知で挑んだ意欲作であり、「安易に刑事・医師・弁護士ドラマやシリーズ作に頼らないぞ」という気概の表れとも言えるでしょう。それらのような「リアルタイムで見てもらいやすい=視聴率を獲得しやすい」タイプの作品ばかりではなく、「まったく別のジャンルで視聴者を楽しませよう」というポジティブな姿勢を感じます。

◆“トップ3”は『水戸黄門』タイプばかり

 制作サイドが連ドラの多様性を考え、視聴率狙いだけに走らなかったことが、4作への熱心なファン獲得につながっているのではないでしょうか。

 上記にあげた“トップ3”は、いずれも「勧善懲悪」という、かつての『水戸黄門』(TBS系)を思わせる、いい意味で予定調和を楽しむタイプの作品。少し見ただけでわかるシンプルな設定と、毎週同じ結末で裏切られない安心感から、「録画するほどでもないが、サラッと見られる」「ときどき見逃してしまっても大丈夫」と思わせることで視聴率獲得につなげています。

 一方、“アンダー7”4作の熱心なファンは、そのような予定調和の世界観に「つまらない」「違うタイプのドラマが見たい」と感じ、挑戦の姿勢がうかがえる作品に希少価値を見いだしているのではないでしょうか。しかし、この熱心なファンは「リアルタイムではなく、録画などでじっくり見ることが多いため、視聴率獲得には貢献できない」というジレンマを抱えています。

 現在4作への称賛が増えている最大の理由は、ネットメディアによる低視聴率報道に対する悔しさ。「今どき、みんな録画やネットで見ているから視聴率なんて関係ない」「こんなに面白いのに見てない人はもったいない」などと声をあげることで、自分の好きな作品を守ろうとしている様子が見られます。

 テレビ業界が視聴率という一面的な指標を使い続け、ネットメディアがページビュー狙いでそれを報じる限り、今期のような「視聴率下位の4作に称賛の声が集まる」という珍現象は、今後も起こりうるのではないでしょうか。それは低視聴率を嘆く関係者にとって多少の救いにこそなりますが、「作品が正当に評価されない」というテレビ業界の抱える課題の象徴的な現象とも言えます。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索