いだてん「天狗倶楽部」の面々は時代のスーパースターだった

いだてん「天狗倶楽部」の面々は時代のスーパースターだった

 話題を集める今年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』。1月6日放送の第1話で目立ったのは、日本人初のオリンピック選手となる主人公・金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)の激走と、脇を固める"アクの強い面々"だった。ドラマで活躍する男たちの"仰天伝説"を紹介しよう──。

 初回放送で主役の金栗を"食ってしまう"ほど目立っていたのが「天狗倶楽部」の面々だ。

「テング、テング、テンテング、テテンノグー、フレー、フレー、天狗!」とエールを叫びながら、上半身裸で踊り回る輩に、"明治時代にこんなハチャメチャな奴らがいたなんて!"と、視聴者も面食らったに違いない。

 天狗倶楽部とは、当時まだ一般的でなかった野球などのスポーツ愛好者たちのサークル。ドラマでは愚連隊のようにも映ったが、その中心メンバーはいずれもこの時代の「スーパースター」だった。歴史作家の井手窪剛氏がいう。

「文武両道を地で行く個性的なエリート集団でした。最盛期のメンバーは100人超ともいわれています。同倶楽部の主宰者である押川春浪(武井壮)は、当代きっての人気小説家。日本のSFの祖とも言われ、『海底軍艦』シリーズは大ベストセラーとなった」

 そして、満島真之介が演じる吉岡信敬は、早稲田大学で応援隊を結成。つまり、初代応援団長だ。

「エールとヤジの名手で、彼の応援を見るために野球の早慶戦を観戦したファンも多かったらしい。いつも汚い学生服で、下駄で走り回る熱血漢。中学生時代からヒゲを生やし、『虎鬚ヤジ将軍』と呼ばれていた。東京の学生では知らない者がいないほどの人気者でした」(同前)

 早慶戦は1906年(明治39年)から19年間中止になっているが、その原因は吉岡率いる応援団が慶応相手にエキサイトしすぎたためとも伝えられている。

 そして、マラソンの金栗とともに短距離代表としてストックホルム五輪に出場した三島弥彦。ドラマでは生田斗真が演じる。

 父は警視総監、兄は日銀総裁を務めた名家の生まれ。学習院から東京帝大法科に進んだ秀才で、学習院では野球部のエース。柔道の有段者で、ボートの扱いも一級品だったという。国技館で行なわれた学生相撲でも天狗倶楽部代表として大活躍したというからすごい。短距離の「クラウチングスタート」を日本に持ち帰ったことでも知られる。さらに、甘いマスクでアイドル的人気を誇ったという。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索