市川海老蔵 團十郎白猿襲名で「名前が長すぎ」議論発生

市川海老蔵 團十郎白猿襲名で「名前が長すぎ」議論発生

 江戸時代からおよそ350年にわたって受け継がれる大名跡「市川團十郎」の“リニューアル”に、歌舞伎界が戸惑っている。

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(41)が、2020年5月に「團十郎」を襲名することが発表され、1月14日に歌舞伎座で行なわれた襲名会見には新聞・テレビをはじめ300人もの報道陣が詰めかけた。その海老蔵の口上に、記者たちは首を傾げたという。

「このたびわたくし『十三代目市川團十郎白猿』を襲名させていただく運びと相成りましてございます」

 白猿? 海老蔵は今回の襲名にあたり、かつて五代目團十郎が後継に譲った後に俳名(俳句を詠む際に使う名)として名乗った「白猿」の名を後ろに付け加えるという。

 この名前については、会見を仕切る松竹の担当者と報道陣の間でも舞台裏で議論が起きていた。

──過去に團十郎のあとに名前が付いたことは?

「ないです。かなり斬新ですよね(苦笑)。團十郎十三代の歴史で初めてです」

──報道の時には「市川團十郎白猿」とフルネーム表記しないといけない? 読者には分からないし、長くてスペースに入らない。

「海老蔵さんがその名を名乗ると言っているのですから、こちらとしてはすべて入れていただきたい、というのがお願いです」

 かくして翌日の各紙には、「十三代目市川團十郎白猿」という11文字が並んだ。海老蔵は襲名について、「五代目團十郎が『自分は祖父や父に比べて芸が足りない』という意味で(團十郎を譲った後に)白猿を名乗った。自分もまだまだ襲名しても祖父や父には及ばないという気持ちでつけた」と説明したが、その真意を歌舞伎関係者はこう推し量る。

「古くからの後援者の中では、海老蔵さんの襲名はまだ早すぎるという声も多い。ただ、松竹はじめ関係者には、2020年夏の東京五輪の関連行事で、新しい團十郎をお披露目したい意向があった。海老蔵さんは、早すぎる襲名だと自覚していることを示す意味で、その名をつけたのではないか」

“白猿て何?”と聞く人に、知らざあ言って聞かせやしょう。

※週刊ポスト2019年2月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索