渡辺謙、23平米の1Kマンションで独り暮らし中

渡辺謙、23平米の1Kマンションで独り暮らし中

 3月に放送されるドラマ『浮世の画家』(NHKBS 8K)に主演し、5月には『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、『名探偵ピカチュウ』と2本のハリウッド映画に出演。夏には主演ミュージカル『王様と私』の凱旋公演と、年男の渡辺謙(59才)は今年も忙しい。現在も映画の撮影、真っただ中だ。

「福島第一原発事故を描いた『Fukushima50』の撮影中で、昨年11月にクランクインして以降、地方でもロケを行っています。緊迫するシーンも多いのですが、カメラが回っていない時は、共演する佐藤浩市さん(58才)らと楽しそうに話をしています」(映画関係者)

 渡辺が演じるのは事故を起こした原発の所長。一刻の猶予も許されないなかで、判断を迫られる役だ。

「謙さんは、都内スタジオで撮影の時は自分の運転で現場入りしています。どうやら最近、都内のマンションで独り暮らしをしているそうです」(前出・映画関係者)

 渡辺は、日本滞在中は長野・軽井沢にある別荘で生活していたはず。その別荘の土地は約1000坪で、そこに300平方メートルほどの邸宅が建ち、南果歩(55才)との離婚の際も、手放さなかったほどのお気に入りだったのだが…。

「別に引っ越したわけではないですよ。連日、都内で撮影があるため、わざわざ軽井沢から出てくるのも時間がかかるので、都内のマンションを“仮住まい”にしているそうです。ただ、別荘と比べると、ランクはかなり違います」(渡辺の知人)

 そのマンションは都心部から外れた住宅地にある。大通り沿いに面し、最寄り駅からは徒歩15分ほどの場所。見た目は普通の10階建てのマンションだ。

「そこは、ウイークリーマンションとして貸し出している物件です。1日の賃料は1万円ちょっと。家具や家電、食器などはすべてそろっているので、短期滞在に便利のようです。以前は娘の杏さん(32才)の自宅に泊まることもよくありましたが、撮影となると頻度も高く、父親としては気を使ったのでしょう」(前出・渡辺の知人)

 仮住まいとはいえ、世界のケン・ワタナベの滞在先がウイークリーマンションとは、似つかわしくない気もするが…。

「部屋は1Kで広さは23平方メートルほど。たしかにリーズナブルだが、ビッグスターが住むには狭い。いろいろとお金がかかりますから、倹約しているのでしょう。ただ、撮影が休みの日はジュエリーデザイナーの恋人が暮らす軽井沢の別荘に帰っていますし、都内の部屋では寝るだけなので手狭でも充分なのでしょう」(芸能関係者)

 世界的な俳優の質素な“単身赴任”。逆に好感度が上がるかも。

※女性セブン2019年2月7日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索