中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」

中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」

 翌日は都心でも積雪の予報が出されていた。足早に家路につく人が多く、いつもより人通りが少ない。2月8日の夜。寒空とは対照的に、都内某所にある居酒屋は芸能人たちの熱気でむせ返っていた。

「午後9時くらいかな。中居さんやお笑い芸人さんたちが10人ぐらいで入ってきたんです。奥の座敷に座ったんですが、さすがにみんなすごいおしゃべりで(笑い)。座敷の外にまで声が響いていました。特に中居さんはすでにお酒が入っていたのか、陽気な様子で話していました。あの特徴ある声で『おれ、ハイボールね』と注文する声が聞こえた時は、テレビと同じだ!と感動しました(笑い)」(居合わせた客)

 メンバーは中居正広(46才)のほか、陣内智則(44才)、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(43才)、おぎやはぎの矢作兼(47才)、タカアンドトシのトシ(42才)、ハリセンボンの近藤春菜(35才)ら、人気芸人たちだったという。

「このメンバーは中居さんがメインMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)の出演者たちです。『ナカイの窓』は3月いっぱいでの打ち切りが決まったと報じられていますが、その打ち上げだったとか。深夜帯(午後11時59分放送)で視聴率は7%程度はあったし、その数字はほかの番組と比べてもそれほど悪くはありません。テレビ業界関係者からは『なぜ?』といぶかる声も上がっています」(テレビ関係者)

 突然の打ち切りと関係があるのだろうか。この夜の飲み会では、テレビでは言えないような本音トークが飛び交っていたという。

「特に盛り上がっていたのは、ギャラに関する話でした。中居さんが陣内さんに“(取り分は)事務所が9で芸人が1なんだろう?”と聞いたら、陣内さんが“それは違います。上の立場になれば、案件によって、かなりもらえるんですよ”と熱心に説明していました。それを聞いた中居さんは“なんだよ、全然いいじゃないかよ!”と突っ込んでいましたね。ほかの事務所のギャラ事情についても言及していて、みなさん興奮気味に話していました。

 中居さんは“もうCDが全然売れない。1万枚売れればすげ〜時代なんだぜ”と音楽業界の現状についても熱く語っていましたよ」(前出・居合わせた客)

 一方で、お笑いに関しても熱心に持論を展開していたという。

「“おれは南海キャンディーズの山ちゃんはすごいと思ってる”と山里亮太(41才)を褒めちぎったり、“『M-1』っていい番組だよね。しびれるよね”と、『M-1グランプリ』を高く評価したりしていました。その都度、矢作さんが“はいはいはい”“なるほどなるほど”なんて大きなリアクションでうなずいていた(笑い)。中居さんはザキヤマさんや陣内さんが話している時には、絶妙なタイミングで合いの手を入れてトークを盛り上げていて、飲み会でも番組MCさながらでした」(前出・居合わせた客)

 そんな合いの手上手の中居と矢作がいたからか、宴会は4時間超と長丁場になり、「そろそろ行こっか〜」という中居のひと言で会がお開きになったのは、翌午前1時過ぎのこと。

 店の外に出るとメンバーとハイタッチを交わすなど、中居はすこぶる上機嫌な様子だったが、ちょうどその時に“事件”が起きた。

 中居を迎えに来たワンボックスカーの運転手に厳しい表情を浮かべた警察官が詰め寄る。一触即発か──と思いきや、そこにすかさず割って入ったのが、中居だった。

「中居さんは満面の笑みを浮かべ、警察官の腕にそっとタッチしながら、“ごめんね! すぐに移動するからね〜”と話しかけていました。警察官はすぐには中居さんだと気づかなかったようですが、ザキヤマさんや矢作さんが“おまわりさん、中居クンだよ”と声をかけると、“ああっ!”と驚いたような声を上げました。それからようやく、芸能人たちに囲まれていることに気づいた警察官は、目を丸くし、思わず中居さんに敬礼をしていました(笑い)。その様子に中居さんや芸人さんたちは全員、大爆笑。一気に場が和んでいました」(目撃した通行人)

 結局、警察官には駐車場所に関する注意を受けただけで、送迎車は中居を乗せるとすぐにその場を発進。芸人たちも三々五々、帰路に就いた。

 思わぬハプニングはあったものの、最後まで笑顔いっぱいだった『ナカイの窓』の打ち上げ。番組関係者は中居たちの功労を称えてこう明かす。

「中居さんと芸人さんたちの掛け合いは回を増すごとに成熟していったし、特番ではゴールデン帯でもウケることを証明していました。だから制作陣は今回の打ち切りに納得していません。後番組はKing & PrinceかSexy Zoneのメンバーが出ることが噂されていますが、中居さんと芸人さんたちにも一緒に出演してほしいですね」

 日本テレビは番組の打ち切りについて公表していないが、終了時期は3月だといわれている。

 それにしても、警察官が駆けつける緊張の場面でさえ、相手を笑顔にして乗り切ってしまう中居の“仕切り力”はさすがのひと言だった。

※女性セブン2019年2月28日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索