夫婦円満の家事分担「見ざる言わざる手を出さず」で成功

夫婦円満の家事分担「見ざる言わざる手を出さず」で成功

 本誌・女性セブン読者で構成されるセブンズクラブ会員(全国お10〜80代男女)335人にアンケートを行ったところ、家事分担ができていない夫婦は約43%にのぼった。その理由の1つに、「家事は女の仕事」という固定観念がある。しかし妻だけに家事を任せていては、妻が病気で倒れた時、家族は立ち行かなくなる。「できない」「やりたくない」ではすまされない現実が迫っているのだ。家事分担はどうしたらうまくいくのか。

 まずは、読者のリアルな声をいくつか紹介しよう。

「夫はたまに家事をすると、『したった、したった』と恩着せがましい。頭にくるので頼みたくない」(54才・女性)

「専業主婦なので、夫に家事を頼むのは申し訳ない」(43才・女性)

「先祖代々、家事は女の仕事という家柄なので」(55才・女性)

「妻のやることをなくしてはいけないと思うので」(44才・男性)

「母親が1人で家事育児をしているのを見て育ったので、女性の仕事だと思っている」(41才・女性)

「妻には自分なりのやり方があるみたいなので、手を出すと怒られます」(27才・男性)

「私がした方が早い」(42才・女性)

※セブンズクラブ会員(全国の10〜80代男女)335人が回答(実施期間2019年8月8〜19日)。内訳は、男性50人、女性285人。共働き世帯199人、専業主婦91人。

◆成功の鍵は「見ざる・言わざる・手を出さず」

 そもそも、家事シェアはなぜした方がいいのか。「家族が将来困らないため」と話すのは、ナチュラルライフ研究家の佐光紀子さんだ。

「私の知人に、奥さんが1人で家事を担っていた家庭があります。ところが奥さんが入院すると、家族の生活が立ち行かなくなったんです。今後こういうケースは増えるはず。家事分担の目的は、家事を等分することではありません。妻が動けなくなった時に家族が困らないようにすることだと思うんです」(佐光さん)

 それを踏まえ、何をどう分担するか話し合う際、次の点に気をつけるべきと、家事シェアのノウハウを紹介しているNPO法人「tadaima!」の三木智有さんは言う。

「一方的に命令するのではなく、どの家事がいつできるのかを自分で考えてもらいましょう。本人が納得して始めない限り、夫の重い腰は上がりません」(三木さん)

 じっくり話し合うのもいいが、日常会話の延長で決めるのもいい。例えば夫が、「洗濯なんてボタンを押せばいいだけじゃないか」などと文句を言った時がチャンス。「そう、簡単なの。だからあなたがやってくれない? それか、干して取り込んで畳むまでをやるのでもいいし。どっちがいい?」などと穏やかに提案してみよう。そして、夫に家事を委ねたら、口を挟まず、手助けをしないこと。やり方が気に入らないからと文句を言ったり、やり直しをさせると、モチベーションが下がる。

「大切なのは、夫が約束の家事を忘れても尻拭いしないこと。自分がやらなくても妻がやってくれるとアテにされてしまいます」(佐光さん)

 また、仕上がりが気になるなら、上手なやり方を具体的に教えればいい。男性は論理的な説明の方が納得しやすい。

「大事なのは分担すること自体ではなく、家族が気分よく生活できるようになること」と、佐光さんは続ける。妻側に求められることは、相手を責めずに信頼し、自分の家事へのこだわりを捨てることなのだ。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る