巨人でクロマティ氏の評価急上昇、来季コーチ入りの期待も

巨人でクロマティ氏の評価急上昇、来季コーチ入りの期待も

 上位チームが連勝と連敗を繰り返し、混迷を極めるセ・リーグの首位争い。最大10.5ゲーム差で首位を独走していた巨人は、6連敗を経て一時は2位に0.5ゲーム差にまで迫られた。大ピンチから盛り返したように見える巨人だが、ファンやOBからは「まだまだ安心できない」という声も上がる。そうした中で、巨人、阪神、ヤクルトで4番を打った野球評論家の広澤克実氏は「リリーフ陣が踏ん張る展開に持って行くために“打撃陣の奮闘”が欠かせない」と指摘する。

 今季の巨人打線を牽引するのが、「三冠王」も狙える位置にいる坂本勇人(30)だ。本塁打は自己最多の31本でリーグ1位、79打点で同2位、打率.309で同3位につける(成績は8月14日終了時点、以下同)。

「昨年より少しアッパースイング気味に変えたことが、本塁打の量産につながっている。打率は、2位の阪神・糸井嘉男(38)が戦線離脱したため、事実上は広島・鈴木誠也(25、打率.339)との一騎打ち。一方、2番打者だと打点が稼げないという心配がある。そこで浮上しているのが『4番・坂本』というプランです。打点タイトルのためだけでなく、チームの得点力もグンと上がる可能性がある。しかし、うまく機能している『2番・坂本』を動かすのは勇気がいる。“現状維持”か“劇薬”か、原辰徳監督も悩ましいところでしょう」(スポーツ紙デスク)

 そんな話が出てくるのは、現在の4番が期待ほどの結果を残せていないからでもあるだろう。4番に座る岡本和真(23)は、21本塁打を放ちながらも打率.258、67打点と、3割30本100打点を達成した昨季の成績には遠く及ばない。

 巨人番記者が明かす。

「原監督は岡本を心配して“臨時コーチ”を招集しています。巨人OBのクロマティ氏です。もともと、来日1年目で低迷していたビヤヌエバ(28)に“メンタル面でアドバイスを頼めないか”と連絡したようですが、熱が入って岡本にも熱血指導。“スタンスが広すぎる。左肩が開くのが早い。もっと右方向に打つ意識を持て”と身振り手振りを交えてアドバイスした。結果、9日に2打席連続本塁打を放つなど岡本の調子が上がり、クロマティ氏の評価もうなぎ上り。来季のコーチ入りも囁かれています」

 原、そしてクロマティ……1980年代の巨人を支えた2人が“令和初のV”をもたらすことができるのか。

※週刊ポスト2019年8月30日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索