杉下茂氏(94)ほか、巨人軍OB15人が語る「俺の再建私案」

杉下茂氏(94)ほか、巨人軍OB15人が語る「俺の再建私案」

 5年ぶりのリーグ優勝を果たすも日本シリーズでは無残な4連敗に終わった原巨人。「かつての巨人軍にあった底力が感じられない」と嘆くのは、錚々たる巨人軍OBたちも同じ。おのおのの「再建私案」を15人分紹介しよう。

●杉下茂氏(94):投手陣のコントロールが悪い。投げた後の腕・足の位置を確認しながら、投球フォームを固めることが大切だ。

●広岡達朗氏(87):日本シリーズの4タテは監督、コーチの責任。DHなどの制度変更を求める前に、野球を勉強しなさい。

●森祇晶氏(82):とくに短期決戦では誰がマスクをかぶろうと同じ。首脳陣が相手の分析をきちんとすべき。

●中村稔氏(81):OBの意見に耳を傾けるべき。球場内でOBが入れないエリアが増え、選手に修正点を伝える機会を逃している。

●黒江透修氏(80):守備の基本をたたき込み、ミスを減らしたい。セカンドやサードを中心に、ポジションを固定したほうが良い。

●城之内邦雄氏(79):投手陣を中心に、走り込みが足りない。下半身を使った投球フォームを覚えれば、肩・肘のケガも減らせる。

●広野功氏(76):監督、コーチがもっと目を光らせるべき。選手の不調時に、異変に気づいて指摘しなければいけない。

●柴田勲氏(75):機動力は上がってきているが、代走のスペシャリストを育成すれば、もっと有利な試合運びが可能になる。

●上田武司氏(73):守備のミスは経験不足から起こる。若手はユーティリティとしてではなく、まずはポジションを決めて育成すべき。

●河村健一郎氏(71):DH制導入を望むよりも、相手のミスにつけ込むしたたかさ、塁を盗む貪欲さをまず養うべき。

●関本四十四氏(70):畠、鍬原、戸郷ら若手投手に、先発として経験を積ませる。そのために中継ぎ陣の整備も並行して進めたい。

●淡口憲治氏(67):長打中心ではなく、繋ぎのバッティングを心がけるべき。追い込まれた際の逆方向への意識を徹底する。

●中畑清氏(65):最後まで最善を尽くす必死さ、きめ細やかさが足りない。闘争心をもっと前面に。秋に鍛え抜いて準備せよ。

●広澤克実氏(57):坂本、丸、岡本らの主軸に送りバントをさせるべきではない。ONや落合博満氏のような絶対的主砲の育成を。

●前田幸長氏(49):7、8、9回を任せられる150km台の豪速球投手が不足している。長期スパンで若手の原石を磨き上げよ。

※週刊ポスト2019年11月22日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る