東京五輪の代表内定に向けた選考レースが佳境を迎えている。新進気鋭の選手も、前回五輪の王者も関係ない。限られた枠を巡る争いを、ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 五輪を前に最後の1枠を巡る代表争いが、熾烈を極めているのが男子マラソンだ。昨年9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を制した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定。残された1枠は3月1日の東京マラソンと同8日のびわ湖毎日マラソンで争われるものの、代表入りには「日本記録(2時間5分50秒)の更新」という条件が付く。

 もし達成者が出なければ、日本記録保持者である大迫傑(ナイキ)が3枠目に飛び込むレギュレーションである。タイムとの勝負にもなるため、起伏が少なく好タイムが狙える東京マラソンに大迫や設楽悠太(ホンダ)ら有力選手が集中する。

「MGCがあんな結果(27選手中最下位)でしたから、そっと静かに応援してあげたいという心境です。最下位になったことは、今までの競技人生でなかったこと。本人は意外にも明るく前を向いていました」

 そう話したのは、2018年のアジア大会金メダリストである井上大仁(MHPS)の母・康子さんだ。「4強」の一角としてMGCに出場した井上は、スタート直後から出遅れ、地元の長崎でテレビ越しに見守っていた両親は、ほとんど画面に映らない息子を案じていた。

「子どもの頃、球技が苦手で、短距離も遅く、運動が得意ではなかったんです。中学に入って始めた陸上で、自分の居場所を見つけた。東京マラソンは記録との勝負。目的ははっきりしているのだから、中学生の頃のように、楽しく走ってくれたら……」

 崖っぷちに立つ井上は家族で好んで履いていたアシックス社製ではなく、長距離界で猛威を振るうナイキ社の厚底シューズでラストチャンスに臨む。

 同じ陸上でも、混沌としているのが100mの代表争いだ。日本人として初めて“サブ10”を記録した桐生祥秀(日本生命)、昨年6月に9秒97の日本記録を樹立したサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)に加え、小池祐貴(住友電工)も五輪参加標準記録(10秒05)をクリア。6月の日本選手権3位以内で代表に決まる。だが、山県亮太(セイコー)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、飯塚翔太(ミズノ)、多田修平(住友電工)も力があり、標準記録を突破すれば立場は瞬く間に逆転する。

 女子レスリングでは、リオ五輪69kg級金メダリストの土性沙羅(東新住建)が昨年12月の全日本選手権準決勝で敗れる波乱があった。同大会の優勝者である森川美和(日体大)と3月8日に味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われるプレーオフに挑む。

 女子ゴルフでは、米国ツアーで活躍する畑岡奈紗(フリー)がほぼ当確。昨年、全英女子オープンを制し、シンデレラ・スマイルで時の人となった渋野日向子(サントリー)と昨年の国内ツアーで賞金女王となった鈴木愛(セールスフォース)が2枠目の椅子を巡ってマッチレースを展開中だ。

 しかし、オリンピックランキングで15位以内に入っていれば最大4人まで出場枠が広がるため、3番手につける鈴木が13位という現状をキープさえできれば、三者揃って出場が可能だ。

 ラスト1枠に食い込めるか否か。それはまさしく天国と地獄である。

※週刊ポスト2020年2月21日号