総合格闘技ファンといえば、これまで男性が多いイメージだったが、最近では女性ファンも急増中だという。その入り口のひとつとして注目されているのがYouTubeで、格闘家YouTuberとして活躍中の朝倉未来(27)、朝倉海(26)兄弟が人気を博しているという。

 昨年から格闘技にハマりだしたと語る女性Aさん(20代)が、のめり込むようになったきっかけをこう振り返る。

「それまでボクシングや空手、柔道、プロレスの違いすら分からずリングで血を流す恐ろしいものだという偏見しかありませんでした。しかし、たまたまYouTubeのオススメ動画として紹介された、朝倉未来選手の『ぼったくりバーに潜入してみた』という動画を見たことが格闘技に興味を持ったきっかけです」(Aさん)

 朝倉未来は、弟の朝倉海とともに活躍中のプロ格闘家だ。主戦場である総合格闘技団体『RIZIN』で根強い人気を誇るほか、兄弟それぞれがYouTuberとしての顔も持ち、カラダを張った企画やコラボ動画などで話題を呼んでいる。現在、兄・朝倉未来のチャンネル登録者数は96万人、弟・海の登録者も42万人と、YouTuberとしても注目を集めている(3月中旬時点)。

 前出のAさんは、こう続ける。

「朝倉未来選手の動画から弟の海選手の『ポイ捨て注意』『ぼったくりバー潜入』など企画系を次々と見ていくうちに、2人の人柄に惹かれていった。そこから『RIZIN』での試合動画を観て、総合格闘技の世界に魅了され、さらに彼らがかつて出場していた『DEEP』や『THE OUTSIDER』、さらには山本“KID”徳郁選手の過去の動画も見るようになりました。

 以前、格闘技はただただ怖い印象ばかりでしたが、実際はお互いをリスペクトしあった上での世界。ルールのなか命がけでぶつかり合う姿を見ると、仕事が辛い日々も励まされます。本当に朝倉兄弟には感謝しています」(Aさん)

 また朝倉兄弟がきっかけで総合格闘技にハマった女性Bさん(30代)は、朝倉未来の少年マンガさながらの人生に魅了されたという。

「朝倉未来選手に興味を持ったきっかけは、彼のヤンキー漫画の主人公のような人生です。愛知県豊橋市で不良として名を馳せ、喧嘩の日々を送っていた少年が改心してYouTuberとして世直し動画を撮っている。『RIZIN』の舞台では海外の選手相手にも好成績を残し、弟の海も兄に劣らず強い。サブチャンネルの『ふわっとmikuruチャンネル』ではYouTubeメンバーと一緒に『きなこ』(※仲間が飼育するプードル)を溺愛する一面も。色々な顔が知れるのもYouTubeのおかげです」(B氏)

 そんなBさんが気がかりなのは、やっぱりコロナの影響だ。

「朝倉未来選手は、次は4月の『RIZIN22』で朴光哲選手と対戦予定ですが、正直、新型コロナウイルスの影響で大会自体が中止になるのではないかと不安です。せっかく格闘技を見るのがおもしろくなってきたところなので……」(Bさん)

 YouTubeをきっかけに格闘技に興味を持ち始めた女性ファンたちにとっても、新型コロナウイルスの影響は避けて通れないようだ。