「簡単に言うと、やりたいのか、やりたくないのか。(中略)なかなか皆さんの意見を聞けないですから」

 巨人・原辰徳監督(61)が掲げたフリップには「全監督にDH制を聞きたい」の文字──。

 3月8日に放送されたNHK『サンデースポーツ』の「セ・リーグ監督座談会」でのワンシーン。6球団の監督が一堂に会して、シーズンへの抱負を語り合う開幕直前の恒例企画だが、この場面が球界で物議を醸している。

 昨年の日本シリーズに敗れた後、原監督が唱えた「セのDH制導入論」。球界関係者に多くの反響を呼んだが、昨年11月のセの理事会では議題にも上がらず、宙に浮いた状態が続いている。

 放送では中日の与田剛監督(54)が「打撃に特化した選手が育つ可能性」に言及し、ヤクルト・高津臣吾監督(51)は言葉を選びながら「投手交代の駆け引きが失われる」と反対意見を述べた。しかし、他の3監督の意見はオンエアされなかった。

 もともと阪神・矢野燿大監督(51)は、「監督としてはDHが楽やけどなぁ」「俺らは大変な分、(DHなしは)おもしろさもあるんちゃうかな」(2019年10月27日付、サンケイスポーツ)と反対の発言をしており、広島の佐々岡真司監督(52)も「今のところ(具体的な賛否の)考えはない」(同31日付、スポーツ報知)といった言葉が報じられていたが、意見を述べる様子は一切流れなかったのだ。

「原監督が事前に何の質問をするのか、他の5人には知らされておらず、制度変更という影響の大きい話が出てきて、現場には緊張が走ったといいます。他の5人と比べて原監督はおよそ10歳年上。面と向かって議論を交わすのは難しかったのではないか」(セ球団関係者)

 その後はカットを複数回挟むほどの原監督の熱弁が流れ、最後は太腿を叩きながら、「なぜそこで足踏みしているのか僕には分からない」と、同調しない他の指揮官に焦れるような様子も見せた。NHKは他の監督の意見については「後日放送を検討している監督座談会の特集番組で紹介する予定です」(広報局)と回答した。

 若大将と呼ばれた原監督も還暦を過ぎ、いまや球界の重鎮。“対等”な議論は実現したのか。

※週刊ポスト2020年4月3日号