2020年東京五輪は、新型コロナウイルスの世界的流行によって1年延期が決まった。今から40年前、1980年のモスクワ五輪の代表選手は出場の機会そのものを突然、奪われた。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、五輪金を目指す道からプロレスラーへと転身したモスクワ五輪レスリング代表だった谷津嘉章に、40年前の体験と、2020東京五輪への思いについて聞いた。

 * * *
 モスクワ五輪のレスリング100kg級代表だった谷津嘉章(当時の所属は足利工業大研究員)は、今年3月29日、栃木県足利市を聖火ランナーとして走る予定だった。スタート地点は、国内最古の教育機関として知られる足利学校前。わずか200mとはいえ、谷津にとって、大きな負担を伴う。昨年6月、右足親指にできた血豆から細菌が入り、壊死が進んだことで膝から下を切断したのだ。

「生きる目標を見失っていた時、聖火ランナーの一般募集があった。それに応募し、決まってもいないのに聖火ランナーをやるつもりで、トレーニングしました。速く走る必要はないけれど、障がい者として綺麗なフォームで元気なところを見てもらいたかった。左手から右手、右手から左手にトーチを持ち替え、笑顔を振りまく練習を密かにしていました(笑)。モスクワから続く五輪の物語も、聖火ランナーでピリオドを打つつもりだったんだけど……」

 8位に終わった1976年モントリオールからモスクワまでの4年間、谷津は所属大学から多額の援助を受け、世界を転戦して武者修行に励んだ。重量級の強者が国内には少なく、モスクワで金メダルを獲るには、海外に足を延ばす必要があった。

「大きなバックアップを受けてモスクワを目指したのに、それが目の前からなくなってしまった。お世話になった大学に対して、負い目みたいなものを感じてしまって。そこから次のロサンゼルスを目指す気持ちにはなれなかったし、そのまま大学に残って当初予定していた指導者になるようなことも考えられなかった」

 谷津はモスクワの2年前から、新日本プロレスのアントニオ猪木からプロレスラーへの転身を打診されていた。当初は興味もなかった谷津だが、ボイコットにより1980年10月に翻意する。猪木や坂口征二の間に挟まれて行った入団会見で身に纏ったのは、モスクワで着るはずだった日本選手団の赤いブレザーだった。

「ボイコットも、プロレスラーへの転身も、運命としか言いようがない。東京五輪の延期によって、五輪を諦める選手もいるだろうし、逆にチャンスが訪れる選手もいるはず。それもまた運命と割り切るしかないよね」

※週刊ポスト2020年5月8・15日号