新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、プロ野球はいまだに開幕日が決まらない。そうした中、テレビ各局では過去の名場面などを放送している。5月6日には、NHK総合で『あの試合をもう一度!スポーツ名勝負 2003虎の夢 星野阪神18年ぶりV』と題して、赤星憲広がサヨナラヒットを打って優勝を決めた2003年9月15日の阪神対広島戦(甲子園球場)が放送された。1985年の日本一以降の17年間で、Bクラス15回、そのうち最下位10回という暗黒期を乗り越えての優勝に、阪神ファンは歓喜乱舞した。

 球団創設以来、Aクラスの常連だった阪神はどうして1980年代後半以降、低迷したのか。野球担当記者が分析する。

「1985年のインパクトがあまりに大き過ぎた。三冠王のランディ・バースを始め、1番・真弓明信、4番・掛布雅之、5番・岡田彰布が3割、30本塁打以上を記録し、リーグ最多の219本塁打、731得点を叩き出して優勝したため、その後も“打ち勝つ野球”という幻想を追い求めてしまったのではないでしょうか」(以下同)

 日本一の翌年、バースは2年連続の三冠王に輝くが、掛布の度重なる故障もあり、阪神は60勝60敗10分で3位に終わる。1987年、西武から田尾安志、新外国人にメジャー通算58勝のマット・キーオを獲得し、シーズン前には優勝候補の呼び声さえあった。しかし、3月に掛布が飲酒運転、バースがスピード違反と相次いで不祥事を起こしてしまう。開幕すると投手陣は壊滅状態で、打線も火を噴かない。結局、球団史上最低の勝率3割3分1厘で、断トツの最下位に。2年前に日本一になった吉田義男監督はチームを去った。

「1988年、ミスター・タイガースの村山実監督が就任しましたが、バースはシーズン途中に退団、掛布は引退。主軸2人を失い、2年連続の最下位に。ここから、阪神に弱小球団のイメージがつきつつありました」

 セシル・フィルダーが活躍した1989年は5位に浮上したが、村山監督は辞任。40歳の中村勝広監督が誕生するも、1990年は最下位に逆戻り。阪神の低迷が始まる1987年に入団し、4年間で45勝を挙げていたキーオは7勝に終わった同年限りで解雇された。1991年、中村監督は“打ち勝つ野球”を掲げ、トーマス・オマリーとマーベル・ウインの野手2人を獲得。また、23歳の遠山昭治との交換トレードで、ロッテから33歳の高橋慶彦を呼び寄せた。オマリーはフル出場で打率3割7厘、21本、81打点と期待通りの活躍をしたが、ウインや高橋慶彦は不振を極め、阪神は2年連続最下位に沈んだ。

◆甲子園ラッキーゾーン撤去で投手陣が奮起するも…

 開幕前、大方の評論家が最下位予想をした1992年、猛虎が復活する。本拠地・甲子園のラッキーゾーンが取り外され、両翼が5メートル伸びたことで、投手有利の環境になった。すると、仲田幸司や湯舟敏郎などの投手陣が奮起し、チーム防御率は2.90でリーグ1位に。ヤクルトに競り負けて優勝は逃すも、投手力を武器に7年ぶりのAクラスとなる2位に躍進した。主戦投手は伸び盛りの20代ばかりで、阪神黄金時代到来の予感すらあった。

「この年はリーグ最小の475得点しか挙げられなかった。そのため、阪神は先発の一角を占める野田浩司を放出し、オリックスから松永浩美を獲得する1対1のトレードを敢行。24歳の伸び盛りの投手と32歳のベテラン野手の交換で、貧打を解消しようとしました。ただ、1992年の1年間は投手陣が良かったとはいえ、14勝の仲田、9勝の中込はともに前年1勝でしたし、11勝の湯舟は当時まだ2年目。一方で、野田は3年連続8勝以上で、阪神の中では最も計算のできる投手でした」

 1993年、投手陣は前年のようには機能せず、防御率は3.88でリーグ5位に。松永はケガで2度の戦線離脱。打力向上を目指したトレードだったが、得点は478で前年とほぼ変わらなかった。チームは4位に終わり、オフになると松永はFAでダイエーに移籍してしまった。

 ラッキーゾーンが撤去されたことで、それまでのように本塁打が期待できなくなっていたが、阪神は長距離砲の外国人選手にこだわった。1994年、メジャー通算226本塁打のロブ・ディアーを獲得。スポーツ紙は“バースの再来”と煽ったが、70試合出場で76三振。打率1割5分1厘、8本塁打に終わった。8月にケガをして帰国し、そのまま退団。チームは2年連続の4位となった。ディアーに続いて、まさかの解雇もあった。

「来日以来4年連続3割を達成し、3年連続でリーグ最高出塁率を記録したオマリーのクビ切りには驚きました。“長打力不足”が理由に挙げられましたが、この年のチーム最多本塁打は石嶺和彦と新庄剛志の17本。オマリーは15本。ホームランはもう1人の助っ人に期待すればいいですし、広い甲子園ではそうそう打てない。阪神は、一体どんな外国人選手が来れば認めるのか。バースのような三冠王級の活躍をできる助っ人は、数十年に1人しか現れません。バースの残像を忘れられなかったのかもしれません」

◆オマリーを放出してグレンとクールボーを獲得

 翌年、ヤクルトと契約したオマリーは31本塁打を放ち、5年連続3割、4年連続最高出塁率を記録。チームを優勝に導き、セ・リーグのMVPに輝いた。オマリーを手放した阪神は開幕から低迷し、シーズン途中に中村監督が辞任。藤田平監督代行になっても浮上できず、リーグ最低の451得点に終わり、4年ぶりの最下位に転落した。

「オマリーの代わりに獲得したグレンが2割5分6厘、23本、77打点、クールボーが2割7分8厘、22本、77打点。及第点と言えるかもしれませんが、オマリーに比べれば物足りない数字でした。120試合に出場したグレンの成績を前半60試合、後半60試合に分けると、前半は2割9分3厘、16本、50打点でしたが、後半は2割1分9厘、7本、27打点と不振に陥った。それなのに、球団は残留を決めました」

 1996年、グレンは藤田監督とソリが合わず、クールボーも不調になり、シーズン途中に揃って解雇された。阪神は見せ場を作ることなく、2年連続の最下位に終わった。あと一歩で優勝まで迫った1992年の灯火は、トレードや外国人補強のチグハグさから、たった数年で完全に消えてしまった。

「1997年には“1985年の日本一監督”の吉田義男氏が再登板。ただ、中日からタイトルホルダー経験のあるパウエル、大豊を獲得したように10年以上経っても、1985年の“打ち勝つ野球”の幻想が消えていませんでした」

 吉田監督が5位、6位と低迷すると、1999年に他球団出身の野村克也監督が就任。左腕の井川慶や俊足の赤星憲広などを育て、2002年から星野仙一監督がバトンを受け継ぎ、翌年に18年ぶりの優勝を果たした。

「この年の5月、濱中治、片岡篤史、アリアスの3者連続本塁打が生まれました。これは、1985年のバース、掛布、岡田以来の快挙でした。試合後、そのことを記者に問われると、星野監督は『85年、85年と言っているからダメなんだ』『亡霊みたいなことをいつまでも引きずってたらいかん!』と一喝した。過去にそんなことを言う監督はいなかった。当時の熱狂を知らない、“外様”の星野監督がようやく1985年の呪縛を解いたんです」

 2003年、日本一は逃したが、18年ぶりの優勝に関西が沸いた。あれから16年間で、阪神は優勝1回を含み、Aクラス10回を数え、暗黒時代は消え去った。2003年、2005年優勝時の正捕手だった矢野燿大監督の元、阪神は黄金時代を築けるだろうか。