巨人を倒さなければ、優勝はない──。セ・リーグの歴史を振り返ると、明確な事実が浮かび上がってくる。1950年の2リーグ分裂後、昨年までの70シーズンで巨人以外の優勝チームは延べ33。そのうち21チームはその年の巨人戦に勝ち越し、2チームは五分の成績に持ち込んでいる。負け越した10チームでも、7チームは借金2以内に抑えている。そうした中で徹底して『打倒・巨人』を掲げ、見事に遂行したのはヤクルトの野村克也監督(享年84)だった。

 10年ごとの年代別優勝回数を調べると、巨人は1950年代から2010年代までの7つの年代のうち6つでトップに輝いている。しかし、1990年代だけ唯一、ヤクルトに後塵を拝した。1990年に就任した野村監督のもと、ヤクルトは優勝4回を成し遂げ、巨人の3回を上回った。

 快挙の背景には、野村監督がメディアを使って巨人への対抗心を露わにしていたことも大きかったという。野村ヤクルトで“巨人キラー”として名を馳せた投手・川崎憲次郎氏(49)が振り返る。

「マスコミは巨人中心に報道していたので、野村さんは意識的に巨人についてボヤき、記者を惹きつけていたのだと思います。監督の発信力によって、ヤクルトがテレビやスポーツ紙で頻繁に取り上げられるようになった。選手は注目されると、より力を発揮できるようになる。野村さんは選手に『取材は絶対断るな』と話し、オフのバラエティ番組出演も積極的に勧めてくれました。そのことで、野球に興味のない人がファンになってくれるかもしれない。メディア露出を増やして知名度を高めれば、必ずチームにプラスになると熟知していた。野村さんは戦術面だけではなく、エンターテイナーとしても頭抜けていた監督でした」(以下「」内、川崎氏)

 川崎憲次郎を“巨人キラー”に育て上げたのも、野村監督だった。1988年に大分・津久見高校からドラフト1位で入団した川崎は、ルーキーの1989年に巨人戦で完封勝利を含む2勝を挙げ、既に“巨人キラー”と呼ばれていた。しかし、本人は半信半疑だったという。

「大きく取り上げられて、すごく嬉しかった反面、“巨人は初モノに弱い”というジンクスがありましたし、来年以降どうなるかはわからないという気持ちもありました」

 就任1年目の1990年、野村監督は対巨人26戦のうち川崎を8度も先発させている。ケガで出遅れた川崎の初先発は4月29日、満員に膨れ上がった神宮球場での巨人戦だった。

「この時、1回持たずにノックアウトされたんです。でも、野村さんはすぐに雪辱のチャンスを与えてくれました。僕は『必ずやり返してやる』と闘志を燃やすタイプですし、目立ちたがり屋でもある。お客さんがたくさん入って、テレビ中継もある巨人戦はワクワクして投げていました。監督はそんな僕の性格を見抜き、ローテーションを崩してまで巨人戦に登板させていたのかもしれません。先発は投手コーチから伝えられますし、野村さんから直接言われたことはありませんが、僕も自然と巨人戦で投げる気になっていました」

 同年5月17日の巨人戦、中4日で先発した川崎は完投勝利で無念を晴らす。7月には、400勝投手の金田正一も成し遂げられなかった球団史上初の巨人戦2試合連続完封勝利を達成し、“巨人キラー”の称号にふさわしい活躍を見せた。この年の巨人はクロマティ、篠塚利夫、吉村禎章、岡崎郁、駒田徳広など左の強打者が並んでおり、野村監督は加藤博人、バニスター、ロックフォードと左投手を11度も先発させている。一方で、チーム2位の11勝を挙げ、リーグ6位の防御率3.16を誇った右のアンダースロー・宮本賢治は1度も先発させていない。右投手の川崎はどうして、左が並ぶ巨人打線に強かったのか。

「手元で落ちるスプリットが左打者に効果的に使えるため、右打者よりも得意にしていたんです」

 川崎1人で4勝を挙げても、1990年のヤクルトは巨人に7勝(19敗)しかできず、直近10年で9回目の負け越しとなった。だが、翌1991年に形勢が逆転する。シーズン初対戦の4月19日からの3連戦で先発に加藤博人、川崎憲次郎、西村龍次を送り込み、3タテを食らわせた。対巨人初戦からの3連勝は、開幕戦で金田正一が長嶋茂雄を4打席連続三振に仕留めた1958年(=4連勝)以来33年ぶり2度目の快挙だった。

 この年、野村監督は川崎、西村の2本柱を計16度も巨人戦に先発させた。ヤクルトはこの2人で9勝を稼ぎ、巨人に14勝12敗と勝ち越し、11年ぶりのAクラス入りを果たす。こうして巨人コンプレックスを払拭し、翌年には14年ぶりの優勝を勝ち取った。同年、川崎は故障で1年を棒に振ったが、1993年は10勝でカムバック賞を受賞し、連覇に貢献。巨人戦の3勝(2完投)はチームトップだった。

「2年目に吉村さんに優勝決定のサヨナラ本塁打を打たれ、悔しくて仕方がありませんでした。あの経験で、巨人戦ではより一層燃えるようになりました。ただ、個人的にもチーム的にも、巨人だからといって、特別な戦い方をするわけではありません。投球の基本はいかにインハイ、アウトローに投げ切れるか。インコースは死球の危険性もありますし、コントロールを少し間違えれば一発を食らう可能性もある。それでも、(捕手の)古田敦也さんは要求しましたし、投手陣は臆することなく投げ切った。だから、巨人に勝てるようになったし、優勝もできた」

 ヤクルトは1995年17勝9敗、1997年19勝8敗と巨人に大きく勝ち越し、セ・リーグを制覇。その一方で、川崎の“巨人キラー”というイメージは徐々に薄れていた。1994年、巨人戦に6度先発も1勝5敗。シーズン全体でも6勝9敗、防御率4.79と低調だった。その後2年間はケガで、巨人戦の先発はなし。1997年は3度先発したが、チーム最多はブロスの7度。勝ち星も吉井理人、田畑一也、石井一久が各3勝で、川崎を上回っていた。

 岐路に立っていた本格派に、野村監督は『シュートを覚えろ』と指令を出していた。当初、川崎は乗り気ではなかったが、1998年には自身の大きな武器となる。野村政権最終年の同年、巨人戦にチーム最多の7度先発し、6勝を稼いだ。右打者の清原和博や石井浩郎の内角をシュートで攻めて内野ゴロの山を築き、“巨人キラー”の称号も復活した。

 野村監督時代の9年間で、川崎は巨人戦最多勝(21勝)、チーム最多の69勝をマーク。今季からヤクルトで指揮を執る高津臣吾は、最多セーブの98を記録している。1993年、西武との日本シリーズ第7戦では、川崎・高津のリレーで野村監督が初の日本一に輝いた。かつての盟友である高津新監督を、川崎はどう見ているのか。

「高津監督は根が明るいですし、野村さんのようにメディアを使ってファンの興味を惹き、選手を奮い立たせる力がある。開幕戦のスタメンとファンの方へのメッセージを直筆で書いていましたよね。あの発信に、野村さんの片鱗を見ました。監督という立場になると、現役時代のように振る舞うことが難しいかもしれないですけど、高津監督なら独自の明るい監督像を築いてくれると期待しています」

(文中敬称略、名前は当時)

■取材・文/岡野誠

【川崎憲次郎プロフィール】1988年、ドラフト1位でヤクルト入団。1993年、西武との日本シリーズでMVPに輝く。1998年、最多勝と沢村賞を獲得。新刊『もう一度、ノムさんに騙されてみたい』(青志社)発売中。7月6日月曜19時から配信イベント『もう一度、ノムさんに騙されてみたい〜野村克也監督とヤクルト黄金時代』を開催。詳細は下北沢本屋B&Bホームページにて。