プロ野球の開幕から1か月弱が経過し、新外国人に明暗が分かれ始めている。セ・リーグ最下位に沈んでいる阪神では、“バースの再来”と期待されたボーアの打棒に開幕前から注目が集まっていた。

 ボーアは開幕からスタメン4番で18打席連続ノーヒットと不調に喘いだものの、打順が降格して以降、調子を取り戻した。最近11試合連続(記録は7月12日現在。以下同)は5番を打ち、その間3割7分8厘、4本塁打、11打点と急上昇。7月5日の広島戦では勝ち越しの満塁本塁打を放った。一方、もう1人の新外国人打者サンズはスタメン10試合全て6番で、1割8分8厘と苦しんでいる。野球担当記者が話す。

「あのバースは来日1年目の1983年、故障で開幕に間に合わず、最初は代打で起用されていた。スタメンになってからも、当初は7番を打っていた。“巨人史上最強の助っ人”と言われるクロマティでさえ、開幕直後は6番を打ち、5月には7番に下がっていた。日本で2000本安打を達成したラミレス(現・DeNA監督)もヤクルトに入団した2001年は主に7番を打っていた。

 日本球界に名を残す外国人選手も、必ずしも最初から順応していたわけではありません。特に巨人や阪神のような球団だと、打てなければマスコミに大きく取り上げられる。新外国人には最初から期待しすぎるのではなく、まずは気楽な下位打線で日本野球に慣れさせてから打順を上げる方が得策なのかもしれません」(以下同)

 阪神でも、2010年にはマートンが1番や3番を任されてシーズン最多記録の214安打(当時)を打ったり、2014年にはゴメスが来日1年目の開幕戦から4番を打ち続け、打点王を獲得したりするケースもあった。それでも、他の年の新外国人を考えれば、稀有な例と見る方が無難だ。

「今の阪神には他に中軸を任せられる選手が少なく、新外国人に打ってもらわなければ困るというチーム事情がある。1シーズンを考えれば、サンズの打棒が爆発しないと上位進出は望めない。日本の攻め方に慣れれば、打ち始めるかもしれない。だからこそ、思い切って7番、8番という気楽な打順に置く手も必要かもしれません。韓国時代も三振が多い選手でしたが、現在35打席で10三振。8番に置かれれば、9番は投手なので『まともに自分と勝負してこない』と考え、ボールを見極めるようになるという効用があるんです」

 1995年、ヤクルトのミューレンがその例だという。“恐怖の8番打者”と呼ばれ、日本一に貢献した外国人選手である。前年、ロッテのクリーンアップの一員として期待され、オープン戦15試合で5本塁打を放ち、開幕4番でスタートした。だが、日本の投手に苦戦し、4月下旬には6番、ゴールデンウイークが終わると7番にまで打順が下がった。

 夏場、調子を上げてきたミューレンは8月になると4番に復帰。シーズンを通して、打率2割4分8厘、23本塁打、69打点を残したが、外国人を3人しか1軍登録できず、野手、投手に3人ずつの配置を禁じられていた当時、合格点とは言えず、自由契約となった。それを拾ったのが、野村克也監督のヤクルトだった。

「1995年のヤクルトは古田敦也、オマリーはクリーンアップ当確としても、もう1人はミューレンが打ってもおかしくなかった。この年のヤクルト打線は池山隆寛に陰りが見え始め、層は厚くなかったですからね。野村監督は開幕当初はミューレンを6番に置いたが、そのうち7番に下げ、8月中旬以降はほとんど8番で固定した。下位になったことで、ミューレンの考え方が変わったんです。

 8番、9番の打力は弱いので、相手は『四球でもいい』とボール球で釣ってくる。それまでのミューレンは外角の変化球に手を出して空振りしていましたが、見極められるようになった。前年よりも選球眼が良くなり、四球が前年の36(敬遠1)から60(敬遠4)と増えた。『まともに勝負してこない』と意識を変えただけで、調子が上向いた。結果的に、2割4分4厘、29本塁打、80打点を上げました。

 もしクリーンアップを打っていたら、マークが厳しくなるし、打たなければならないという重圧から外角の変化球を追いかける癖は治らず、数字は伸びなかったでしょう。野村監督は1993年も、外国人のハドラーに主に8番を打たせ、3割をマークさせています」

 ミューレンは中軸なら打率の低さを指摘されるが、主に7番、8番で29本、80打点なら文句なしの成績。この2部門では、古田や池山を上回り、オマリーに次いでチーム2位。同年巨人の4番だった落合博満よりも上で、松井秀喜と打点は同じ、ホームランは7本も多かった。また、打順別のホームラン数を見ると、5番・2本、6番・9本、7番・8本、8番・10本と“恐怖の8番打者”にふさわしい数字が残っている。

 監督の起用法次第で、潜在能力の高い外国人選手は生き返ることもある。野村監督の教え子である矢野燿大監督は、チームの鍵を握るサンズをどう扱っていくか。