高校野球関係者にとって“異例の夏”がやってきた。コロナ禍で史上初となる“夏のセンバツ”が開催される。例年とは違うかたちで夢舞台に立つ選手たちの進路にも大きな異変が起きている。はたしてプロ野球で高校生のドラフト1位指名はあるのか……。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、高校野球の“名将”たちがコロナに苦悩する今をレポートする。

逸材は次々と「六大学」へ

 シーズン短縮で、プロ野球各球団が例年に比べて「戦力外通告」を出しづらい状況が生まれている。70人の支配下選手枠がある以上、枠が空かなければドラフトで指名される選手は減り、即戦力の大学・社会人選手に偏る。高校生は回避か、もしくは育成選手としての契約が増える傾向が予想される。

 東京六大学や東都に属する首都圏の強豪大学は、いわゆる“プロ待ち”を許さず、志望届を提出する選手に門戸を開いていないケースがほとんどだ。志望届を提出しても、指名がなければ、残された選択肢は少なくなる。

 こうしたプロ側の事情と、より良い環境で野球を続けたい球児の思いが乖離し、今年はドラフト上位指名が予想されるような球児が、名門・強豪の大学に集中する“異変”が起きているのだ。

 その代表格が、昨秋に日本一となった中京大中京(愛知)のエース右腕・高橋宏斗である。高校日本代表監督で、明徳義塾(高知)を率いる馬淵史郎をして、「ストレートの質は高校時代の松坂(大輔)以上」と言わしめた豪腕である。高橋は慶応大に進学した兄の背を追うように、東京六大学を次なる舞台に選んだ。

 監督の高橋源一郎が話してくれた。

「神宮大会での優勝を評価してもらって、中心選手は早い段階で進路を決められました。うちで志望届を提出するのは、中山だけです」

 3番を打つ中山礼都(らいと)は、根尾昂(大阪桐蔭、現・中日)に顔も打撃フォームもよく似た大型遊撃手だ。中山は言う。

「ずっと『高卒でプロ』を曲げずにやってきた。育成での指名なら、(契約は)ないです。その後の進路の選択肢は狭まりますが、必ず指名してもらえるという強い想いもあります」

 残されたアピールの場は、愛知の独自大会と交流試合、そしてNPBと日本高野連が行なう「プロ志望高校生合同練習会」。大学、社会人の関係者の来場も許された練習会は東京ドームと甲子園の2か所で行なわれる。

「もちろん、参加します。甲子園か、東京ドームか、真ん中(愛知)の僕はどちらに参加することになるんでしょうか(笑)」

 140キロオーバーの投手が3学年で10人以上いる宮城・仙台育英は、選抜の優勝候補にも挙げられ、今では大阪桐蔭と並ぶ全国随一のタレント集団である。中でも注目は、昨秋の宮城大会では背番号「8」ながら、美しいフォームから制球の定まったスライダー、カーブを投げる向坂優太郎だ。

 東北大会、神宮大会で監督の信頼を得て、既に甲子園でも大活躍した1学年下の笹倉世凪、伊藤樹からエース背番号を奪い、ドラフト候補に名乗りを上げた。今年の正月の段階では、「プロもしくは社会人」の希望を打ち明けてくれたが、今は中京の高橋と同じ大学に進学を希望している。

「プロも考えていましたが、選抜が中止になった段階で、進学に決めました。悩みましたが、六大学の学校から声をかけてもらったことが大きい。大学4年間で成長し、4年後にプロ入りの目標を果たしたいです」

 一方で、悩ましいのは主砲の遊撃手・入江大樹だ。大阪府の出身で、中学時代は筒香嘉智(レイズ)らを輩出した堺ビッグボーイズに在籍した入江だが、監督の須江航は「指名はされるかもしれないが、されないかもしれない。夏にアピールしたかったはずですが……」とやり場のない感情を吐露した。逡巡の末に、入江はプロ志望届を提出することを決めた。

 激戦区・大阪の雌雄も、志望届を提出するのは野手が中心だ。昨夏の甲子園胴上げ投手である履正社の岩崎峻典は東京の大学に進学。1年夏から主軸を打つ三塁手・小深田大地、元阪神の賢太郎氏を父に持つ捕手の関本勇輔、そして独自大会まで公式戦登板が一度もなかった190cmの長身右腕・内星龍が提出予定だ。

「進路に関しては、だいたい2年生の11〜12月に面談をして、方向性を決めます。コロナの感染が拡がる前に大学の練習会に参加できた子は良かったんですけど、大学の事情で参加できなかった子に関しては、大学のかたに足を運んでもらって、見てもらう形になっています」(監督の岡田龍生)

 2回戦から登場予定だった大阪桐蔭は、相手校に感染者が出て1回戦が消化できず、日程も決まらない状況が続いた。その点は百戦錬磨の指揮官・西谷浩一ゆえ、準備に抜かりはないだろう。志望届は野手ふたりが提出予定だ。

 左腕の育成に定評のある広島新庄の今年のエース左腕・秋田駿樹も、東都の大学に進学予定。6月に校内で感染者が出て、野球部の再始動が遅れた九州国際大付(福岡)では、中学時代に野茂ジャパンを経験した捕手兼内野手兼投手の井上堅心が、「志望届を提出するか、大学に進学するか。まだ決められていません」と話す。コロナによる練習の自粛が、進路の決断に迷いを生んでいるのだ。

「まだわからない……」

 今年を代表する右腕として、中京大中京の高橋と共に名前が挙がるのが明石商の中森俊介だ。1年夏から3季連続で甲子園のマウンドを経験した中森は、一冬、そして練習自粛期間を経て、身体が二回り大きくなった印象である。ベスト8までしか行なわれない兵庫の独自大会初戦はMAX151キロの直球が浮く場面もあったが、3回を無安打に抑えた。

 中森に関しては、数か月前から東京六大学の大学に進学するという情報が入ってきていた。だが、本人は一度も明言していない。

「すべての試合が終わって、一段落ついてから、親と監督さんと相談して決めます」

 そして、昨春の選抜で先頭打者&サヨナラ本塁打を放った来田涼斗もまた、中森同様に明言せず。初戦前日に、頭を五厘に刈り込んだ来田は、進路の話題となると慎重に言葉を選んだ。

「自分としてはまだまだプロ野球では通用しないと思っている。最後の試合まで自分を追い込んで、最終的にプロ野球か、社会人か、選択したい」

 ふたりのドラフト候補を指導する狭間善徳はこう話した。

「この2か月で、3年生の進路をほぼ決めることができました。選手の動画を送って売り込む高校もあるようですが、私はこれまでの人間関係で決めていくことができた。その点は良かったと思います。ただ中森と来田に関しては、わかりません」

 高橋や中森の他に、志望届を提出すればドラフト1位が確実視される選手は見当たらない。“高卒ドラ1ゼロ”は、1965年の導入以来、初めてのことだ。無論、まだ見ぬ隠れた怪物、埋もれた逸材は全国にいるかもしれない。しかし、そうした選手を発掘する機会を奪ったのもまた、新型コロナなのである。(文中敬称略)

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2020年8月14・21日号