新型コロナウイルスの感染拡大で経済も生活も停滞ムードが続き、何かとネガティブな考えに陥りがちなときに、大相撲夏場所で照ノ富士が5年ぶりに優勝した。直後のTV中継でのインタビューでは「いろいろなことがあったんですけど、こうやって、笑える日がくると思って信じてやってきましたので、一生懸命やったらいいことがあるなと思いました」と話し、あきらめずに努力し続けることには意味があると伝えた。

 2020年の大相撲7月場所は、異例ずくめのことばかりだった。新型コロナウイルス対策のため、マス席に座るのは一人に限定、いつもは飲食推奨の大相撲だが、感染対策のためビールはもちろん弁当の販売も中止。唯一、国技館の地下で製造される焼き鳥だけが売られていたが、すぐに売り切れていた。取組も異例続きで、幕内復帰したばかりの照ノ富士には「おめでとう! 勝ち越して」としか相撲ファンも見ていなかった。

「遠くの席からでも、照ノ富士の両膝にはテーピングがしっかり巻かれていて痛々しさが伝わりました。幕内に復帰してきたので勝ち越してほしいなとは思っていましたが、だんだん優勝争いに加わってきて嬉しかったけれど、驚くしかなかったです。だって、序二段まで落ちていたんですよ。上位の関取たちとも互角でしたし、来場所以降の活躍が楽しみです」(国技館で7月場所を観戦した相撲ファン)

 照ノ富士が優勝インタビューで言った「いろいろなこと」には、大関に昇進しながら陥落、幕下の序二段まで番付を落としたことがまず、思い出される。大相撲は横綱を頂点にして番付と呼ばれる階級があるが、給料が支払われるのは横綱から順に大関、関脇、小結、前頭、十両まで。それより下は無給で、照ノ富士は昨年春には序二段、下から二番目の階級になっていた。大関で月給200万円だったのに2018年夏からは再び無給に、さらに十両以上だけに許されているタクシー移動ができなくなり、今場所はコロナ対策もあって他の幕下力士と一緒に部屋の車で移動していた。

 どん底を経験した照ノ富士だが、それまでの相撲人生は順風満帆だった。

 17歳でモンゴルから日本の高校へ相撲留学、卒業とともに大相撲へ入門して2011年に初場所を踏み21歳で新十両、22歳で新入幕、23歳で初優勝し異例のスピード昇進を続けて大関になった。次は綱取りへと期待が高まったこの時期、照ノ富士の周囲には、それまでとは比べものにならないほど多くの人が群がってきたという。ちょうどその頃、照ノ富士は長い黒髪が印象的な仲間由紀恵似の美女と、デートスポットとして知られる東京・お台場の海浜公園と寄り添う姿を目撃されていた。

 お台場デートを目撃されたのは、2015年9月のこと。大関にまって間もなくで、今回の優勝インタビューで照ノ富士本人が5年前を振り返って言った「イケイケだったとき」のことだ。彼女と一緒に、モンゴルから日本を訪れた知人の一家を東京スカイツリーなど観光名所へ案内したあと、夜のお台場へデートにやってきたのだった。

「彼女はモンゴルの首都ウランバートルの出身で大関と同郷。年齢は彼より少し下です。所属する伊勢ヶ浜部屋のすぐ近くのマンションで半同棲の生活を送っていて、家族ぐるみのつきあいだったそうですが……」(相撲担当記者)

 相撲も私生活も向かうところ敵無しだったが、右膝のケガから始まり、右鎖骨骨折などケガで思うように取組ができず、2016年だけで3度の角番、大関陥落の危機にあった。なんとか乗り切って2017年も大関として挑んだものの、今度は古傷の左膝が悪化、5度目の角番だった9月場所で大関を陥落した。翌月には、元横綱・日馬富士の貴ノ岩関暴行事件の現場に居合わせるという出来事もあった。そして2018年夏からは前述の幕下生活を送っていた。ケガだけでなく糖尿病や腎臓結石にも悩まされ、親方に何度も引退の相談をしたという。だが、その都度、跳ね返された。

「弱気なことを言わない力士だったのに、あの頃は辞めたい、引退したいと言っているという話が聞こえてきて、あの強気一辺倒だった人でも落ち目になると気が弱くなるんだなと思ったものです。でも、親方やおかみさん、昔から照ノ富士を知っている人たちは、ここで終わるはずがないと信じていたんでしょうね。その周囲の気持ちを受け止めるようになって、以前のようなワガママな言動も少なくなり、彼も変わりましたよ」(大相撲関係者)

 8月2日の優勝インタビューでは「落ちていたときも応援してくれる方々、家族や親方、おかみさんも、部屋のみんな、支えてくれる人がいた。恩返ししないと」と穏やかに照ノ富士は話している。5年前の優勝インタビューでは、決まり文句のような感謝を話しただけだったことを思うと、どん底から復活するための地道な努力が、人を成長させたのだろう。

「よく稽古する、努力していたことを、身近な人ほど知っていると思います。膝の状態が良くないから、万全の稽古はできない。でもその代わり、身体づくりを熱心にやっていた。ある親方は『通っているジムで照ノ富士をよく見かけたが、よく鍛錬していた。努力はいいね』と感激していました」(相撲記者)

 こうなると、やはり次は三役へ復帰、ゆくゆくは横綱もと期待したいところだが、照ノ富士本人は「このままだと次の場所はもたない」と謙遜する。しかし「こういう時期なので、できればみんなに勇気を与えられる相撲をとっていきたいです」と話す、山あり谷ありの相撲人生を経験した28歳には頂点に立ってほしいし、どんな嫁取りをするのかも気になるところだ。