過去に例のないかたちで“夏の甲子園”が開幕する。8月10日からの「甲子園高校野球交流試合」は、各都道府県の地方大会を勝ち抜いたチームではなく、新型コロナの影響で中止になった春の選抜の出場校への“救済措置”という位置づけとなり、各校1試合のみが設定されている。出場校には8回の全国制覇を誇る大阪桐蔭も名を連ねるが、今年の3年生たちは同校として9回目の甲子園優勝を目指す機会を新型コロナによって奪われた。選手たちはどんな思いを抱えているのか。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * * 
 大阪桐蔭のグラウンドで“ゴンちゃん”を初めて見かけたのは、2018年の4月2日だ。なぜはっきり覚えているかといえば、甲子園で開催される選抜高等学校野球大会の準決勝を前にした休養日で、同校の練習には大勢の報道陣が押し寄せていた。

 当時の主将である中川卓也(現・早稲田大)や根尾昂(現・中日)、藤原恭大(現・千葉ロッテ)らが取材に応じる一方で、この日が初めての練習だった新入生が、グラウンドの外周をまっさらな練習用ユニフォームを着て走っていた。

 その中で、誰より目立っていたのが西野力矢だった。身長は180センチ。体重は98キロ。愛称が“ゴンちゃん”である理由は、その風貌がNHK教育テレビ『できるかな』に登場したゴン太くんを想起させるからであることは明白だった。

 でっぷりとした巨体を揺らし、西野は必死に同級生についていこうとしていたが、1周する度にアゴの角度は上がり、最後までゼエゼエと息を切らしていた。春の頂点を目指して勝ち上がらんとする最強世代の調整練習を眺めながら、日本一厳しいメンバー争いが待つ大阪桐蔭で生き残っていけるのか、西野のことが心配になったものだ。

 もちろん、それは杞憂に終わる。わずか3か月後、西野は最強世代に混じり、大阪桐蔭では夏前の恒例行事となっている東海大相模(神奈川)との定期戦に出場していた。体重が86キロと12キロも減っていて、当初はゴンちゃんと気付かないほどだった。西野は、当時をこう振り返る。

「僕は走るのが苦手で……。先輩たちに凄い人がたくさんいて、必死についていきながら……いろんな苦しいことはあったんですけど、まずは体力をつけることを考えていました」

 とはいえ、デビュー戦はほろ苦いものだった。3三振に加え、一塁の守備ではポロポロとボールをこぼし、記録に残らないエラーが続いた。途中交代を命じられた西野の試合後は、初めての取材の緊張か、はたまた動揺していたのか、言葉にならない言葉を残すだけだったことを覚えている。

「あの東海大相模戦は自分でもよく覚えています。高校生になって、初めてレベルの高い試合に出させてもらって、何もできなかった。このままではダメだと思うきっかけになりました。中学生まで何も考えずに野球をやっていた自分が、考えて野球に取り組むようになったと思います」

 大阪桐蔭の公式戦でボールボーイを務める下級生には、のちのち、チームの中心を担ってほしいという首脳陣のメッセージが込められている。西野も、根尾や藤原たちによる春夏連覇という快挙を、ボールボーイとして最前線で見届けた。

 そして、1年秋の大阪大会。西野は高々と左足を上げる一本足打法で、大阪桐蔭打線の3番に座り、初戦で2本のアーチをかけ、最終打席もあわや柵越えという当たりをみせたのだ。

 以来、ロングヒッターとして期待した西谷浩一監督の起用に応え続けてきたものの、昨夏は甲子園に届かず。一敗地にまみれた前チームの悔しさと、勝利への飢え、甲子園への飢えを力にして、西野は研鑽を重ねてきた。

 そして昨秋の近畿大会準決勝、明石商(兵庫)との試合では、世代ナンバーワン評価の中森俊介から同点となる3点本塁打を放ち、チームは逆転勝利。選抜行きの切符を確実にした。

 しかし、選抜は新型コロナウイルスの感染拡大によって中止に。夏の選手権大会の中止も決まった。独自大会となった大阪大会では、初戦の対戦校に感染者が出て日程がなかなか決まらず、初戦に臨む前には雨による順延が続いたことで大会自体が準決勝で打ち切りとなることが決定していた。その感想を報道陣に問われると、なんとも天然な西野らしい反応だった。

「え、知らなかったです。はあ……。勝ち残って、優勝したかったですけど、こういう状況なので仕方ないと思います」

 2年前、大きく上げていた左足は、昨秋になるとタイミングが崩されることを避けるためにすり足打法に近くなり、そして最後の夏は再び一本足打法に戻っている。

「左足を上げることで(軸足となる)右足に“タメ”を作り、そこからバットを振っていく。昨秋に比べて、タイミングを崩されず、良い感じでスイングできるようになってきた」

 独自大会は決勝がなくなり、大阪の頂点に立つ機会もなくなった。プロ志望届を提出する予定の西野にとって残すは、8月17日の甲子園交流試合だけだ。

「選抜が中止になるちょっと前ぐらいに進路の話を監督として、決めました。高卒でプロに行くことにこだわりました。やっぱり、挑戦できるときに挑戦した方がいいかなと。(育成での指名ならどうする?)そこまでは考えていないです」

 交流試合の相手は、2年前のあの日に戦った東海大相模。西野にしてみれば、高校野球のスタートで躓いた悪夢を振り払う絶好の機会であろう。