2010年、沖縄・興南高校は史上6校目となる甲子園春夏連覇を成し遂げた。上半身を大きく捻る「琉球トルネード」と呼ばれたエース・島袋洋奨の快投は沖縄で連日大ニュースとなり、島は歓喜と興奮に包まれた。あれからちょうど10年──島袋の「その後」に何があったのかを知る人は少ない。『まかちょーけ 興南 春夏連覇のその後』(集英社文庫)を上梓した松永多佳倫氏がレポートする。

 * * *
 甲子園優勝投手が確実にプロで活躍できるという保証はどこにもないが、長いプロ野球の歴史を紐解くと、興味深い傾向が見えてくる。プロで活躍できた甲子園優勝投手のほとんどは高校卒業後すぐにプロ入りしているのだ。一方、大学を経由してプロに進んだ甲子園優勝投手は全部で13人いるが、「夏の優勝経験者」は5人。そのうち小川淳司(1975年習志野)と西田真二(1978年PL学園)は大学で打者に転向し、石田文樹(1984年取手二)は社会人野球を経由しているので、「夏の甲子園優勝投手で大学卒業後すぐにピッチャーとしてプロ入りした選手」は、斎藤佑樹(2006年早実)と島袋洋奨の2人だけとなる。

 島袋洋奨といえば、高校野球ファンなら覚えている名前であろう。今からちょうど10年前の2010年、史上6校目となる春夏連覇を達成した興南高校のエースとして甲子園のマウンドで躍動していた、あの島袋である。春夏連覇のエースといえば、松坂大輔(1998年横浜)や藤浪晋太郎(2012年大阪桐蔭)の印象が強いが、変則フォーム“琉球トルネード”から繰り出すボールの軌道、威力、コントロールなど、総合的に見ても松坂や藤浪に劣らぬ抜群の存在感だった。2010年にドラフトにかかっていれば上位指名は間違いなかった。

 昨年10月、島袋がソフトバンクを自由契約になったというニュースが流れた。甲子園史に燦然と輝く投球を見せた島袋は、5年間で登板2試合の実績しか残せず、寂しくプロの舞台を去っていった。

 島袋は高校卒業後、プロ志望届を出さずに中央大学に進学した。中大を選んだ理由のひとつには、プロで60勝を挙げ、4球団で投手コーチをやって投手育成に定評があった高橋善正監督(元巨人)の存在があった。

 2011年、中大1年生の島袋は春から主戦投手として投げ、5試合1勝3敗、投球回数36回1/3、防御率0.98で新人王を獲得。甲子園での活躍に恥じない成績を残した。しかし1年秋のリーグが終わると、成績不振により高橋監督が解任される。その出来事が島袋の運命も変えた。

 関係者の多くは、島袋の野球人生を変えたのはその翌年、2012年の春だったと語る。リーグ戦開幕カードの東洋大1回戦では延長15回を1人で投げきり、チームはサヨナラ勝ちしたが、球数は226球にものぼった。そして中1日で3回戦に先発し、7回を92球1失点。その後、中6日で日大との1回戦に先発し、8回122球、失点4で3連勝。10日間で3試合、30イニング、441球。現代野球ではタブーとされる起用法だ。

 日大戦の後、島袋は左肘内側側副靱帯に血腫ができ、ドクターストップがかかった。

「周りからは、東洋大戦の延長15回の226球と中1日の先発による酷使で、おかしくなったとよく言われます。でも本当に、その2戦が終わった時点で肩も肘も大丈夫だったんです。ただ、次の日大戦で休める勇気があればどうなっていたのか……」

 島袋はそう語る。当時の監督、秋田秀幸にも聞いた。

「監督になって初めての試合ですからよく覚えています。開幕戦は4月1日で寒い日でした。途中、ピッチャーライナーが島袋の脚に当たったのでマウンドに向かったんです。交代させようと思ったんですが、島袋は『大丈夫です』と言う。実際、控えにいいピッチャーがいたら代えてますよ。でも、目が死んでなかったのでそのまま続投させました。4年の鍵谷(陽平、現・巨人)もいましたけど、やっぱり大黒柱は島袋だったんです。監督をやって最初の試合が延長15回の試合でしょ。野球で勝つのってこんなに苦しいことなのかと改めて思いました。その後の登板も『絶対に行け』とは言わなかったし、『どうだ? 大丈夫か?』とも聞いたのですが……」

 秋田は何をもって島袋に「大丈夫か?」と聞いたのだろうか。エースであるならば、監督から体調面やコンディションの是非を聞かれても、「行けます」と言うのが当たり前。でも指導者であるならば、目先の勝利にとらわれずに選手を守る立場であり、登板を回避させることもできたはずだ。起用法の判断を誤ったと言われても仕方がないだろう。

 幸いにも島袋の肘は徐々に回復し、大学3年の春には完封も達成するなど、一時は完全復活をしたかに見えた。しかし大学3年秋のリーグ戦で突然「イップス」(精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー・動きができなくなる症状)を引き起こす。精密機械のようなコントロールは乱れまくり、全盛期の投球ができなくなってしまった。イップスになってしまった直接的な要因はわかっていない。だが、2年時の怪我により、少しずつ身体のバランスが崩れていったのではないかとも言われている。

 島袋は大学卒業後の2014年、ドラフト5位でソフトバンクに入団。しかしそれからも苦しみは続く。

「プロになってからもコントロールの悪さは変わらなかったです。三軍からのスタートでした。プロになって心機一転という気持ちにはなれませんでした。一度投げることに不安を覚えてしまったせいで、引退するまで投げることに不安は消えなかったです」

 島袋は三軍でのプロ入り初登板の対福岡工業大学で7回から登板し、いきなり8球連続ボール、結局1回を持たずに2/3で被安打3、四球3の6失点。大学や社会人クラブチーム相手に登板し続けるも、とにかくストライクが入らず自滅の日々が続く。それでもなんとか復調し、シーズン終盤に一軍で2試合に登板するが、2年目は一軍登板なし、3年目の夏には右肘遊離軟骨の手術を受け、4年目からは育成契約。2019年、5年目のオフに自由契約となった。プロ5年間で一軍登板はルーキーイヤーの2試合にとどまり、ほとんどが二軍、三軍生活だった。沖縄の宝は、無残にも壊れ、散ってしまった。

「島袋が高校からプロに入っていれば」と、何度も思ってしまう自分がいる。実際に活躍できたかどうかは誰にもわからないが、それでも「タラレバ」を考えてしまうのは、あの10年前の甲子園での投球が、それほど鮮烈でインパクトがあったからだ。

 島袋本人は、あくまでも東洋大戦の2連投が原因ではないと言い、「大学に行ったことは後悔もしていないし、未練もない」と語る。だが私は本人を含めた興南の45人のチームメイト全員、数多くの関係者への取材を通して、彼が少なくとも高校時代の当初はプロ志望であったことを知っている。その後翻意するわけだが、それは本当に彼の本心だったのか、まだ若い“原石”に対して周りの大人たちは本当に親身になってやれていただろうかと、考えれば考えるほどやるせない気持ちになる。

 現在、島袋は母校・興南高校の事務員として働きながら、教職員免許の取得の準備をしている。近い将来、指導者として興南高校を率いて、聖地甲子園に戻ってくるため、彼は日夜教育現場の中で格闘している。