ONを筆頭とする歴代のレジェンドたちもなし得なかった金字塔を打ち立てた。9月11日、巨人はヤクルトを2対1で下し、原辰徳監督は通算1067勝目を飾り、巨人監督として歴代1位の川上哲治氏を抑え、単独トップに立った。野球担当記者が話す。

「原監督は4番を任された現役時代、V9の立役者である王貞治、長嶋茂雄の例を持ち出され、『チャンスに弱い』というレッテルを貼られ、ひ弱なイメージを持たれることも多かった。監督になって、何回優勝しても『大型補強のおかげ』と陰口を叩かれ、『あの戦力なら誰がやっても勝てる』と揶揄されている。

 しかし、実際に巨人の試合を見ている評論家やファンは、原監督が『若手を育てながら勝つ』という難しいことを遂行していると知っている。特に、3度目の監督就任となった昨年からの原監督の手腕は見事というしかない」(以下同)

 9月10日の中日戦では1点リードされた8回表、無死一塁二塁で7番の吉川尚輝を迎えた。誰もがバントと考える場面、吉川は初球送る構えを見せたが、2球目はヒッティングに切り替え、逆転のタイムリー三塁打を放った。

「普通の監督なら疑問を持たれそうな采配でも、『原監督がするのだから正しいのだろう』とチームも評論家も考えるようになってきた。内野手である増田大輝の投手起用にしても、思いつきではなく、シーズン前から準備していた。原監督はあまり手の内を語りたがらないですが、必ず根拠を持って選手起用をするし、サインを出している。選手が監督を信頼しているので、サインに驚くこともない。今の巨人が強いはずです」

 思い返せば、2018年オフに高橋由伸監督の後を継いで監督就任した後、FA(フリーエージェント)を使って大型補強したことについては、長年の巨人ファンからも疑問の声が上がっていた。西武から炭谷銀仁朗を、広島から丸佳浩を獲得する際、第2次原政権の黄金時代を支えた内海哲也、長野久義が人的補償として流出。人気の高いチームの生え抜きをプロテクトしないという原監督の冷酷な一面を感じさせ、失望するファンもいた。

「原監督は現役時代、お立ち台で何度も涙を流しているし、1次政権の時には『ジャイアンツ愛』をキャッチフレーズにしており、情に厚い人だと思われていた。そのため、内海や長野の放出は驚かれた。しかし、結果的に炭谷と丸を獲得したことで、昨年の巨人は優勝し、今年もセ・リーグ首位を独走している。

 川上さんもそうでしたが、名監督は非情な一面を持っている。選手に情をかけると、一時的にファンや特定の選手に嫌われずに済むかもしれませんが、勝てる監督にはなれない。原監督は長期的な視野を持ち、その場の人気取りには走らない。“勝つ”という一点だけに集中して、物事を逆算して考えているように見えます」

 川上監督はV9時代、金田正一をはじめ、森永勝也や桑田武など他球団で実績を残したベテランを獲得し、チームに刺激を与え続けた。森昌彦が正捕手に座っても、1960年秋の“伝説の早慶6連戦”で全試合マスクを被った大橋勲、1966年春東京六大学で三冠王を獲得した槌田誠などを入団させ、毎年のようにライバルを送り込んだ。

「川上監督は『ONがいれば誰でも勝てる』と嫉妬交じりの皮肉を言われたが、決して油断することなく補強を続けていた。川上監督でなければ、V9なんて達成できません。原監督も第2次政権では阿部慎之助という不動の捕手がいるにもかかわらず、實松一成や鶴岡一成という他球団の2番手捕手をトレードで獲得した。これは、阿部にアクシデントがあった場合のバックアップ要員だったが、昨年は小林誠司や大城卓三、宇佐見真吾という伸び盛りの選手がいる中で、炭谷を獲得。批判の声もあったが、若手の成長にもつながり、戸郷翔征など若い投手陣の潜在能力を引き出す役割も果たした。川上監督を彷彿とさせる補強が功を奏しています」

 監督しての勝利数は神様・川上哲治氏を超えた原辰徳監督。次の目標は、悪夢の4連敗を喫した昨年の日本シリーズの借りを返し、8年ぶりの日本一に輝くことだろう。