両横綱の白鵬と鶴竜が初日から休場した秋場所。複数の横綱が全休するのは37年ぶりの事態だ。

「八角理事長(元横綱・北勝海)ら協会幹部は休場続きの2人に引導を渡したいが、引退されると横綱不在となるため強く出られない」(協会関係者)

 そこで期待を集めたのが大関・朝乃山だった。先場所は12勝3敗で、幕尻優勝した照ノ富士(前頭1)に次ぐ成績。

「今場所優勝なら2場所連続優勝に準ずるとして、横綱に昇進させる考えがあったはず。ただ、先場所の12勝は途中休場の白鵬、鶴竜、大関・貴景勝と対戦がないのだから“大甘基準”です」(若手親方)

 協会のご都合主義は昔から。37年前の2横綱不在場所の時もそうだ。

「1983年5月場所は北の湖、千代の富士が全休し、北の湖は引退が近いとみられていた。同場所で準優勝したのが大関・隆の里。翌場所も連続休場の北の湖との対戦はなかったが、千代の富士に勝って優勝するとあっさり横綱に昇進させた。横綱が引退危機だと昇進基準が甘くなるのは協会の常套手段です」(ベテラン記者)

 だが、朝乃山は初日からまさかの3連敗。

「師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が12月に定年を迎える前に朝乃山を待望の日本人横綱に、と考える親方衆は多いが、さすがにこの内容では難しい」(前出・協会関係者)

 かくして、2人合わせて過去1年で皆勤が3回しかないモンゴル人横綱たちが延命するのである。

※週刊ポスト2020年10月2日号