新型コロナの感染予防対策で、両国国技館の客席には人がまばらだった大相撲秋場所だが、力士たちの側も“不在”ばかりとなった。2横綱が揃って全休したことに加え、幕内力士の途中休場も相次ぎ、休場力士は約70人。秋場所の休場力士たちは何をしていたのか──。

 まず、28人が休場となった玉ノ井部屋。3日目までに24人のコロナ感染が判明した。

「検査で陽性となった力士たちは入院などの措置が取られ、陰性だった力士たちも部屋に隔離されて外出禁止となった」(スポーツ紙デスク)

 東京・足立区の部屋の入り口はシャッターが下ろされたままとなった。実は、この玉ノ井部屋以外にもう1部屋、“初日から全員休場”の部屋があった。東京・葛飾区にある鏡山部屋だ。

「所属力士は2人だけ。ひとりは鏡山親方(元関脇・多賀竜)の息子で、もうひとりがモンゴル人力士。いずれも幕下です。この2人が揃って初日から休場していた。幕下以下は診断書が非公開なので、“一体、何があったんだ”と訝しがる関係者も多かった」(同前)

 秋場所5日目の9月17日午後、本誌記者が鏡山部屋の近隣を取材すると、ある住民がこう話した。

「そこの部屋の力士だったら、さっきジャージとTシャツ姿で自転車に乗って出かけていったよ」

 協会ナンバー3で、コンプライアンス部長や危機管理部長、生活指導部長を兼務する鏡山親方は、コロナ禍における力士・親方衆の行動を厳しく監視する役割を担う。

 キャバクラ通いの阿炎や7月場所中に泥酔騒動を起こした田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)、秋場所前に不要不急の外出をした時津風親方(元幕内・時津海)、松ケ根親方(元幕内・玉力道)らに対しては、「管理する立場の鏡山親方が厳しく叱りつけた」(ベテラン記者)というが、弟子の行動管理は一体どうなっていたのか。

「鏡山部屋には呼び出しや行司、床山も所属していない。親方の自宅は別にある上に、2人の力士のうちモンゴル人力士は関取になった時に結婚して近所のマンションに住んでいる。部屋で生活するのは親方の息子の幕下力士だけです」(同前)

 部屋で“一人暮らし”の幕下力士は秋場所5日目から途中出場となったが、取組は6日目から。自転車で出かけたのは、“オフ”の日の外出ということになる。

 目撃情報を受けて最寄りの新小岩駅方面に向かうと、当該の力士が駅近くの大通り沿いにある担々麺が人気のラーメン店からTシャツにジャージ姿で出てきた。そして、マスクもせずに自転車に乗って走り去っていた──。

 店員に聞くと「どこのお相撲さんかは聞いてないけど、たまに見る顔ですね」とのこと。協会の新型コロナ対応ガイドラインは厳しい行動規制を課している。

「不要不急の外出は禁止で、外出する際にはマスク着用。いつ、誰と、どこに行く、といったことを師匠に報告するなどの定めがあります。また場所中は国技館入り以外の外出は禁止でした」(出羽海一門の幕下力士)

 そうした規定遵守を指導する立場にあるのが鏡山親方だが、自らの部屋での管理指導体制はどうなっていたのか。協会に問うと、「この件についてはお答えを差し控える」(広報部)とするのみ。

 そもそも力士が2人だけで親方も一緒に暮らしていないのは、部屋の体をなしているのか。コロナによる「出稽古禁止」でろくに稽古もできない。感染拡大によって、角界の抱える様々な問題が浮き彫りとなった格好だ。

※週刊ポスト2020年10月9日号