2020年ドラフト会議の話題をさらったのは、MAX155キロのサウスポー、早稲田大学のエース・早川隆久である。何球団の競合となるかが注目の的だったが、1位指名を公言していたヤクルト、ロッテに加え、西武、楽天の4球団が競合。抽選の末、楽天が交渉権を獲得した。

 早川は千葉の木更津総合高校で2年春に選抜甲子園に出場、3年時には春夏ともに甲子園ベスト8に進出。当時から世代トップクラスの左腕としてプロの評価は高かった。この年の高校日本代表には早川を含む8人の投手が選ばれたが、早川以外の7人はすべてプロ志望届を提出し、4人がドラフト1位で指名された。その7人のプロでの通算成績(2017〜2020年)は以下の通りだ。

寺島成輝(履正社→ヤクルト1位) 通算1勝1敗 4HP
堀瑞輝 (広島新庄→日本ハム1位) 通算8勝9敗 13HP 15S
藤平尚真(横浜→楽天1位) 通算7勝12敗
今井達也(作新学院→西武1位) 通算15勝18敗 1HP
高橋昂也(花咲徳栄→広島2位) 通算1勝2敗
藤嶋健人(東邦→中日5位) 通算4勝3敗 18HP
島孝明 (東海大市原望洋→ロッテ3位 一軍登板なし ※昨シーズン限りで引退)

 なぜ1人だけ大学に進んだのか。早川は4年前をこう振り返る。

「プロ志望届を出さなかった決め手は、大学選抜との壮行試合に先発し、2回で5失点したことですね。他のみんなは何か武器があったのでプロに行けたけど、自分にはひとつも武器がなかった。だから大学に進んでレベルアップしなきゃいけないと感じました。

 当時のドラフトを見ていて、(代表で一緒だった)7人みんなに頑張ってほしいと思いました。でも、この4年間で引退した選手もいる。やはりプロの世界は非常に厳しい。それは理解していたつもりです。だから4年間大学に通って自分なりの解決策、修正方法を身につけられればと」

 力強い光を宿すその目には、世代ナンバーワンの自負が詰まっているように見えた。かつて阪神の東日本統括スカウトだった菊池敏幸はこう語る。

「一昨年に見た時は、これじゃドラフトにかからないだろうという感じでした。しかし、その後は意識の変化によって大きく成長しましたね」

 大学2年までの成績は2勝6敗、防御率4.27。高校時代の輝きからすれば、“普通の投手”になっていた。早川自身も、「正直、大学に入ってすぐの頃は、絶対にプロに行くという気持ちでもなく、教員免許を取って指導者の道に進むことも視野に入れていました」と語っている。

 だが、ある人物との出会いで早川は大きく変わっていく。

「小宮山(悟)監督に出会ったことで光が見えました。プロ野球での実績はもちろん、選ばれた人しか行けないメジャーの世界にも足を踏み入れた方。監督の教えは自分の中にスッと入ってきましたね。まずはフォームを指導していただきました。それから急に相手を抑えられるようになり、3年春には大学日本代表にも選ばれました。段階をしっかり踏み、結果を出したことで、“自分もプロに行けるかも”と思えるようになったんです」

 小宮山監督の指導で結果がついてきて、成功体験が増える。やらされるだけでなく自ら考える癖がつき、すぐ行動に直結させていく。分析力、考察力が増したことにより、自己修正能力も養われた。例えば今年の3月22日、プロアマ交流戦で巨人の二軍と対戦した際、先発した早川は5回で9安打4失点を喫したが、

「この時にフォームに無駄があると気づき、コロナの自粛期間中にフォームの見直しを徹底的にやりました。すると自分の欠点がどんどん見つかった。そこを修正して、秋のリーグ戦初戦の明治戦で初回に155キロが出た」

 早川の卒論は投球理論に関するものだという。ストレートと変化球における体の使い方の差と捻転差をイメージし、動作解析して考察するという。自身の今後の投球に活かすためでもある。

 早川と話していると、頭の回転の速さに舌を巻く。質問の意図をすぐさま読み取って、どういう答えを相手が欲しがっているのかを見抜き、時にはウィットに富んだ答えで笑わせる。初対面にして、非常にクレバーな印象を強烈に植えつけられた。ただ速い球を投げればいいわけではなく、技術に加えて並外れた観察力、洞察力、胆力を兼ね揃えた者にしか、アマチュアナンバーワン投手の称号は得られないと感じさせられた。