海外出身の選手も多いラグビー日本代表。そのなかで最も多くの日本代表選手を輩出した国がトンガだ。距離にして8000km離れたトンガと日本ラグビーの歴史を振り返る。『国境を越えたスクラム』(中央公論新社刊)の著者・山川徹氏が取材した。

 * * *
 日本が出場した9度のW杯で、桜のジャージを着たトンガ出身選手は15人を数える。ヤマハ発動機のヘル ウヴェは、2019年のW杯で、日本代表として活躍した5人のトンガ出身選手の1人だ。

「日本のラグビーについて聞いていたのは土のグラウンドで練習することくらい」と彼は屈託ない笑みをこぼした。

 ウヴェは、ニュージーランドの高校を経て、拓殖大学に留学する。

「大学時代の目標がトップリーグでプレーすること。そのあと、前々回のW杯を見たり、日本人の妻と結婚したり、子どもを育てたり……。日本で暮らすなかで、自然に日本代表になりたいという気持ちになった」

 決勝トーナメント進出を賭けたスコットランド戦後半。ウヴェは同郷の中島イシレリ、ヴァルアサエリ愛とともに密集の近くで幾度も身体を張り続け、勝利に貢献した。

 しかしウヴェは「悔しかった」と漏らす。W杯で2試合の途中出場に止まったからだ。

「もっとW杯で試合がしたかったな。日本代表には、国や言葉の壁をこえて一緒になる、いい文化がある。次のW杯が新しい目標になった」

 日本代表にとって、スコットランドからの勝利は2度目。30年前の金星の立役者が、1980年代に大東文化大や三洋電機(現パナソニック)で活躍したトンガ出身のノフォムリ・タウモエフォラウと、ラトゥ志南利である。

「実は、来日するまで、トンガの選手が日本代表として活躍しているなんて、知らなかったんです」

 そう語るウヴェが感じた「日本代表の文化」は、桜を選んだトンガ選手たちが積み上げてきた歴史でもあったのだ。

【プロフィール】
ヘル ウヴェ/1990年7月12日生まれ、トンガ出身。2010年に拓殖大学に入学し、2014年からヤマハ発動機ジュビロに所属。

撮影/山川 徹

※週刊ポスト2021年1月29日号