4横綱時代は長く続かず再び白鵬“一人横綱時代”到来か

4横綱時代は長く続かず再び白鵬“一人横綱時代”到来か

 ついに日本国籍を取得する意向が明らかになった白鵬。これで年寄株を持つ親方になる要件が整うことになる。ただし、気になるのは、名古屋場所での白鵬の振る舞いに、妙に吹っ切れた様子が見て取れたところだ。

 優勝インタビューで白鵬は開口一番、「名古屋のみなさん、サンキュー」と39回目の優勝に引っかけたダジャレを口にした。

 さらに、「名古屋場所は今年で60年記念大会。昭和33年のこの(第1回)場所で初代若乃花が優勝しまして…」と舌も滑らかに語り始める。

 その若乃花が26年前にモンゴルを訪問し、白鵬の父・ムンフバト氏と対談した際のエピソードを披露。若乃花が6歳だった白鵬に差し出したのが「お菓子の『うまい棒』だったんですよ」と語った。NHKで堂々と商品名を挙げるなど、やり放題の印象は拭えない。

「今場所は張り差しや強烈なエルボーでかちあげて相手を圧倒したり、新記録となる13日目の高安との取組では立ち合いに変化するなど、勝つためには手段を選ばない取り口も目立った。もはや白鵬は、怖いものなしの我が道を行く感があります」(スポーツ紙デスク)

 優勝から一夜明けた会見では今後の目標について、「2020年の東京オリンピックまで現役を続けて、開会式では土俵入りができたらいいねぇ」と大構想を語った。

「稀勢の里の復活や、新大関・高安の活躍が注目された名古屋場所も、結局は白鵬の独り舞台で幕を閉じた。4横綱時代は長く続かないとはいわれますが、4人の中で今後も生き残るのは白鵬だけで、近い将来には白鵬の“一人横綱時代”が再び来るのではないか。それくらい今場所は白鵬の強さが際立った」(協会関係者)

 2020年東京五輪で一人横綱として土俵入りをし、それを花道に引退して白鵬部屋を立ち上げ、いきなり一大勢力を背景に大きな発言力を手にする──そんな青写真があるのだろうか。

 今、力士としての白鵬の前に残された記録は、「双葉山の69連勝」を除けば、北の湖が持つ「横綱在位63場所」(白鵬は現在60場所)と、区切りとなる「幕内通算1000勝」(同956勝)くらいで達成は時間の問題だ。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索