角居勝彦調教師 「放馬」が競走馬にもたらす功罪

角居勝彦調教師 「放馬」が競走馬にもたらす功罪

 人が度を超して調子に乗ることを「羽目をはずす」という。これは馬にまつわる慣用句で、羽目は馬具の「ハミ」に由来しているそうだ(諸説あり)。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、ハミを外して暴れ出す荒馬の様子、「放馬」が馬に残すトラウマについて考察する。

 * * *
 返し馬やゲートに入るときなどに競走馬が騎手を振り落として逃げてしまう。鞍上の立居にスキがあったのかどうなのか、一瞬のアクシデントです。馬が極度に興奮したために起こる事故ですが、なかには、馬が意図して(?)振り落としているようなときもある。

 放馬した馬は関係者が一丸となって捕獲し、馬体検査を行なって出走の可否を決めますが、故障してしまったり疲労が著しいときには競走除外となり、その馬に関連する馬券は返還されます。

 馬にとっては気心知れたはずの騎手の存在さえもストレスで、本来背には誰もいないほうがいいのです。「鞍上人なく、鞍下馬なし」という故事は人馬一体になった見事な騎乗という意味ですが、本当に騎手がいなくなってはコントロールがきかず、競馬ができません。

 落馬を含めた放馬でもトラウマが生まれます。放馬には2種類あります。放馬後にゆったり走る場合と、いきり立って暴走する場合。

 前者は背中が軽くなって清々している。いわば放牧に出た感じで、人間のことを気にすることなく馬体をのびのびとストレッチできる。周囲の動揺を尻目にメンタル面でリラックスしているかもしれません。そういう馬は、ある程度走ると満足します。そして寂しくなり、人や他の馬に寄り添いたくなって簡単に捕まることが多い。

 問題は後者です。パニックになって止まれなくなっている。まさに荒馬の様相で、容易に捕まえることができない。こうなると次走以降に悪影響を及ぼします。騎手を振り落としたときに鞍がずれたりすると、何かに掴まれているように感じるのでしょう。馬にしてみればとてつもない恐怖ですよね。

 いわば、よい放馬(というのも変ですが)と悪い放馬で、見れば誰にでも分かると思います。

 よい放馬の場合は次のレースで快走することも。しかし、調教師としては「あの放馬がよかった」などとは口が裂けてもいえない(笑い)。アクシデントがよい方に転び、それまでもうひとつ勝てなかった馬が走るようになる。きっかけは思わぬところにあります。

 以前にも触れた外国人ジョッキーの起用(それまで動いていなかった馬の筋肉を動かしてくれる)は、きっかけを能動的に作るわけですが、そうじゃないものもある。そういうケースは放馬以外にもまだまだあるかもしれません。

 休ませるのも大事だし、数多くレースを経験させるのも大事。アクシデントも含めて、調教師はたくさん経験するしかないのです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。今年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が好評発売中。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索