巨人もSBもドタキャン? 清宮まさかの阪神単独指名あるか

巨人もSBもドタキャン? 清宮まさかの阪神単独指名あるか

 早稲田実業・清宮幸太郎(18)の運命の日が近づいている。10月26日のドラフト会議では、1位指名に史上最多10球団が競合との予測もあり、日本中が注目している。

 だが、ここへきて球界には不穏な空気が広がっている。ドラフト直前になって各球団が方針を翻し、清宮の指名を回避するという情報が広がっているのだ。

 各球団が最も注目しているのは巨人の動向だ。老川祥一オーナーは「ドラフトはみなさんが見ている形で進む」と清宮の1位指名を匂わせたが、やはりここに来て指名回避説が広がっている。原(辰徳)監督時代のV3に貢献した村田修一を自由契約にしたことがその理由だ。

「村田の自由契約は、控えのサード・岡本和真を育て上げる布石というのが普通の見方。しかし実は清宮ではなく履正社の安田尚憲に切り替えたからではないかといわれている。

 今オフ獲得を目指す中日のゲレーロやヤクルトのバレンティンのように、大砲はFAや外国人選手でまかなえる。しかし俊足・堅守の機動力野球は、若手を育てないと実現できないという考えが巨人にはある。ファーストしか守れない清宮は、機動力野球の担い手としてはふさわしくない。サードを守れ、俊足巧打の安田のほうがチーム編成上、理に適う」(スポーツ紙デスク)

 さらに巨人には、「育成実績が乏しい」という現実がある。野球評論家の江本孟紀氏がいう。

「新人を我慢して使い切れない巨人では高卒ルーキーを育て上げられない。回避するなら賢明な判断だと思いますよ。少しは学習したんじゃないですか。清宮を飼い殺すことがあれば、批判は免れないですからね」

 巨人に限らず、どの球団も「清宮を潰した」となれば大ブーイングに晒される。獲得に慎重になるのもよくわかる。では「王貞治」「育成環境」という条件を備えるソフトバンクはどうか。

「柳田悠岐を育てた実績もあり、長期的に清宮を育成するのに最もふさわしい球団。しかしチームの至上命題はサード・松田宣浩の後継者探し。巨人同様こちらも履正社の安田をマークしているようです。

 広陵の中村奨成を捕手からサードにコンバートするプランも検討されていると聞く。それに、清宮をうまく育てたとしても、脂の乗りきった頃にメジャーに行くというのでは育てた甲斐がない」(ソフトバンク担当記者)

 また「はずれ1位」のラインナップも、各球団が清宮指名に二の足を踏んでしまう理由だ。

「清宮、安田、中村の高校ビッグ3がいるので豊作に見えるが、今ドラフトは特Aランクの選手が少ない。JR東日本の田嶋大樹、ヤマハの鈴木博志、立命館大の東克樹など1位指名候補は限られる。クジ引きの運任せになる清宮より、他球団を出し抜いて有力選手を確実に一本釣りしたい思惑もあるでしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 ドラフト当日まで各球団の腹の探り合いが続く。裏の裏を読んだ結果、フタを開けたら清宮のプロ志願届提出直後に1位指名を明言した阪神が単独指名という可能性も否定できない。CS敗退で悔しい表情を浮かべた金本知憲・監督が思わずニンマリの展開になるか。

※週刊ポスト2017年11月3日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索