フィギュア紀平梨花、練習のために家を売却した両親の本気度

フィギュア紀平梨花、練習のために家を売却した両親の本気度

 フィギュアスケートのGPファイナルで優勝した紀平梨花選手(16才)。シニアデビューでのGPファイナル制覇は2005年の浅田真央(28才)以来の快挙だ。GPデビュー戦から3連勝でファイナル女王に輝いたのは日本史上初だ。

◆小学校の昼休みもトレーニング

 紀平は、小学5年生から現在の濱田美栄コーチ(59才)の指導を受けているが、コーチを探してきたのは、サラリーマンでスキー指導者の資格を持つ父親だった。

「お父さんは紀平選手に、より高いレベルの指導を受けさせるために、好成績を上げているチームの選手を大会ごとにチェックし、情報を収集。濱田コーチに白羽の矢を立て、フィギュアスケートクラブ『関西大学KFSC』を選びました」(フィギュア関係者)

 その練習量はすでにシニア選手並みだった。

「毎日朝練をしてから小学校に登校。授業を受けたら昼休みにトレーニングのために抜けて、1時間くらいで学校に戻る。午後の授業を受けたらまたリンクに直行。お母さんは自宅のある西宮から練習場のある大阪・高槻市へ送迎するために、フルタイムの事務職員を辞め、時間の都合がつきやすいデパートの販売員に転職までしたそうです」(スポーツ紙記者)

 紀平が進学した中学が自宅から遠く、通学の往復のためにスケートの時間を削らなければならなくなると、「娘がスケートの練習に集中できるように」と、住んでいた一戸建てを売却し、学校とリンクに通いやすい場所に引っ越した。娘のためにすべてを投げ打つ両親。だが、決して甘やかしていたわけではない。

「紀平選手は中学生になると、休日の練習に行く時は自分でお弁当を作るようになりました。お母さんと約束して決めたそうです。ある時、すごく疲れていて“お母さん、明日は作ってほしい”と頼んだら、お母さんは“自分で決めたことは責任をもって続けなさい”とたしなめたそうです。お弁当箱を洗わずに置きっぱなしにしてしまった時には“自分でやると言ったのに、中途半端なことをするな!”と厳しく叱りつけたそうで、以来、紀平選手は一度も置きっぱなしにしていないと。お母さんはリンク傍にも顔をだし、“やる気がないなら、やらんでええ!”と喝を入れることもあるそうです」(前出・フィギュア関係者)

 そんな“熱血家族”に支えられ、メンタルも鍛えられた紀平。性格はおっとりしているというが、がまん強さや目標に向かう信念の強さは人一倍だ。

「冷静さや計画性もあって、体形維持のための厳しい食事のコントロールも自分でしっかりできている。遠征先にもヘルスメーターを持参して、誤差の範囲といえるような体重の変動まで管理しているそうです。自分をコントロールでき、目標に向かって妥協しない信念があるんです」(前出・スポーツ紙記者)

 強靱なメンタルは、今回のGPファイナルでも発揮された。フリーの冒頭、「トリプルアクセル+トリプルトウループ」の連続ジャンプの予定だったが、トリプルアクセルで手をついてしまったため、コンビネーションにできなかった。すると紀平は次のトリプルアクセルを、単独からコンビネーションに変更。その後も瞬時の判断でコンビネーションをグレードアップし、最初のミスをプラスに変えた。

「気持ちの切り替えが早いし、頭もいい。周囲と自分を比較したり、反応を気にしたりしないタイプなんです。だから常に冷静で自分のペースでいられる。身体能力ももちろんですが、その強心臓がいちばんの強みかもしれません」(前出・フィギュア関係者)

「銀盤の女王」の座は当分揺るぎそうにない。

※女性セブン2019年1月1日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索