女子ゴルフ 2019年は一気に若返り20歳前後の黄金世代が躍進

女子ゴルフ 2019年は一気に若返り20歳前後の黄金世代が躍進

 2019年シーズンの女子ゴルフは主役が大幅に入れ替わりそうだ。2018年の賞金ランク50位以内のシード選手の平均年齢が26.4歳(最終戦終了時)で、ツアー史上最年少となったのである。

「初シードが11人。小祝さくら(8位、20歳)、松田鈴英(10位、20歳)、勝みなみ(11位、20歳)、新垣比菜(22位、20歳)、濱田茉優(35位、23歳)、原英莉花(37位、19歳)、権藤可恋(38位、23歳)、カリス・デイビッドソン(39位、20歳)、大出瑞月(40位、21歳)、木村彩子(40位、23歳)、大里桃子(49位、20歳)で、ほとんどが20歳前後の“黄金世代”です。

 逆にシードを失ったのは、藤田さいき(51位、33歳)、笠りつ子(52位、31歳)、渡邉彩香(55位、25歳)や吉田弓美子(65位、31歳)、下川めぐみ(68位、35歳)、西山ゆかり(69位、36歳)ら15人で、その多くが30歳前後の選手たちだった。日本女子ツアーは“若返り”が確実に進んでいる」(担当記者)

 そうしたなかで下位に沈んだのが2018年に30歳を迎えたイ・ボミだ。2015年と2016年に2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミだが、2018年シーズンは24試合で10度の予選落ちと極度の不振に陥り、賞金ランクは83位。

「11月に韓国の人気俳優のイ・ワンとの熱愛が発覚。賞金女王の複数年シードで2019年までは日本ツアー出場権があるが、母国で恋人ができたとなると徐々にフェードアウトではないか」(同前)とみられている。

 2018年のランク最上位は賞金女王のアン・ソンジュ(31)、2位の申ジエ(30)といった30代の韓国人プロが占めているが、2019年は20歳前後の日本の女子プロたちがその席を奪い、完全な世代交代を果たす年となるか、注目が集まっている。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索