大阪桐蔭・西谷浩一監督 プロ入りする「4人衆」に贈る言葉

大阪桐蔭・西谷浩一監督 プロ入りする「4人衆」に贈る言葉

 昨夏の甲子園、記念すべき100回大会を制し3781校の頂点に立ったのは、やはり大阪桐蔭だった。秋のドラフトでも4人をプロへ送り出し、「最強」の名を欲しいままにする。長く、同校を取材しているスポーツジャーナリストの古内義明氏が、西谷浩一監督を訪ね、強さの秘密に迫った(第1回/全3回)。

──平成最後の年となった昨年1年間を振り返ってみて、如何ですか?

西谷監督:本当に、内容の濃い1年でした。史上初となる2度目の春夏連覇(2012年・2018年)は、すでに過去のものという感じです。

──100回記念大会という節目で、春夏連覇という偉業を達成したことには?

西谷監督:「100回大会に向けて、計画的に準備してきた」とよく言われていますが、99回も、100回も、101回も全て勝ちたいと思って、準備してきました。

 一昨年の春の選抜は優勝し、夏の甲子園の3回戦で仙台育英に9回裏2死からサヨナラ負けを喫し、翌年は節目の100回大会ということでリンクされて、皆さんに盛り上げてもらいました。節目の大会だから特別な補強をしたということはなく、根尾昂、藤原恭大、中川卓也といった下級生の頃から試合に出ていた選手が、最高学年になった年でした。

 100回記念大会という、ワクワク感はありましたし、今振り返ると、どこかで意識していたのかもしれません。新たに始動したチームで冬を超え、昨年の春の選抜大会前は、「大阪桐蔭は最強世代だ」と言われるのはすごく嫌でした。最強世代と言われるのは、子どもたちの成長の妨げになるのではないか、という気持ちがあったからです。しかし、昨年の春の選抜で優勝した後は、避けて通れないからこそ、うまく利用しようと考えました。注目されている中で、いかに勝利をつかみ取る力を付けなければならないと思いました。

 春夏連覇は100年の歴史の中でも7校しか達成していない上に、われわれは2017年に連覇に失敗しています。その翌年、簡単にできない春夏連覇のチャンスがもう一度巡ってきたことで、臆することなく、勝負するしかないと、開き直ることが出来ました。結果として、夏の甲子園は優勝出来ましたが、大阪府大会や甲子園大会、その後の秋季大会も毎日が必死でした。甲子園の決勝戦は、甲子園全体が金足農業を応援する雰囲気になっていましたし、全く余裕はありませんでした。いま振り返れば、注目してもらえるような決勝の対戦カードになったのは、100回大会の運命だったと思います。

──ドラフトで、同一高校から歴代最多タイのとなる4名(根尾、藤原、横川凱、柿木蓮)が指名されました。

西谷監督:プロ野球の世界は、大学野球や社会人野球とは違って、指導者がお願いしたから進むことのできる世界ではありません。4名がドラフト志望届を提出し、4名共に良い球団からご縁があったと思います。大阪桐蔭からプロ野球界に、選手を送り出したいという観点からは、少しホッとしています。ただ、ホッとしたのもつかの間で4名がプロの世界で戦っていけるかどうか、今は心配です。ドラフト後も、選手たちは必死に練習しています。

──プロから指名されて初めてプロ野球選手になることが出来ます。プロ野球選手になりたいと思っても、叶えてあげることが出来ない場合もあるだけに、不安な日々でしたか?

西谷監督:不安でした。プロ野球の世界はお願いしても獲得してもらえる世界ではないので、選手を指名してくださるご縁が今回あって、本当に良かったと思います。

──指名された彼らがどんなプロ野球選手になって欲しいか、教えて下さい。まずは、中日ドラゴンズ1位の根尾選手から。

西谷監督:高校野球では投手とショートをこなしていた根尾は、プロではショート一本で勝負したいと言っています。4球団競合のドラフト1位であり、中日ドラゴンズの本拠地がある愛知県と接する岐阜県出身で一層注目されています。早くプロの世界に慣れて、簡単ではないですが一日でも早くファンにハツラツとした根尾のプレーを見てもらいたいです。ファンから愛されるような大きな選手になって欲しいと思います。

──根尾選手は、投手と野手の二刀流をプロ野球で挑戦しないのは、意外でしたが?

西谷監督:実は、高校時代から、プロではショート一本で挑戦したいと言っていました。

──続いて、千葉ロッテマリーンズ1位指名された藤原選手については?

西谷監督:3球団競合という良い評価をして頂き、その中で千葉ロッテマリーンズとのご縁でした。藤原の走力は高校生の中でもトップクラスだと思います。さらに打撃や守備を鍛えて、本人が公言した「トリプルスリー」という大きな夢を実現させて欲しいです。ファンから認めてもらえるような躍動感のある(スケールの)大きな選手になって欲しいと思います。

──北海道日本ハムファイターズから5位指名された柿木選手は?

西谷監督:夏の甲子園優勝投手という看板を引っ下げていきますが、体作りや実戦経験を積んで少しでも早く一軍のマウンドで投げて欲しいです。そして、一軍の舞台で大阪桐蔭OBと戦う姿を見たいです。柿木が投げて、OBの中田翔がバックを守る姿も見たいです。

──最後に、読売巨人軍に4位指名された横川選手は?

西谷監督:190センチの大型左腕でありながら、柔らかさや器用さもあります。本人も私たちも、もっともっと結果を残すことが出来ると思うところはあります。持っているポテンシャルは高いので、長身を武器に、ジャイアンツを背負っていける投手になって欲しいです。

──プロ野球の世界で活躍する選手を多数輩出されています。どんなことを心掛けて指導していますか?

西谷監督:プロ野球の世界で活躍しているのは、本人たちの努力の証です。私としては、常日頃から高校野球で終わる選手になって欲しくないと思っています。生徒たちには、「高校野球は、『やきゅう』で言ったら『や』であり、その先には、『きゅう』と続いていく。」と言っています。小学校や中学校で良い指導者に巡り合うことが出来たからこそ、人々が注目する高校野球の世界に踏み入れることが出来ます。大阪桐蔭を卒業しても、大学や社会人に進めば、野球はまだまだ奥が深いことを伝えています。甲子園で高校野球には一区切りですが、上の舞台を目指して、頑張って欲しいと話しています。

【PROFILE】
◯西谷浩一(にしたに・こういち)/1969年9月12日、兵庫県出身。現役時代は捕手で報徳学園高から関西大。卒業後は大阪桐蔭高コーチを経て1998年秋に同高監督に就任し、一度コーチに退いた後、2004年から再び監督として指揮を執る。甲子園春夏の通算成績は16回の出場で、55勝9敗。昨夏の甲子園で春夏通算7度目の全国制覇で歴代最多優勝監督となり、史上初の2度目の春夏連覇も達成した。教え子に中村剛也(埼玉西武ライオンズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)、藤浪晋太郎(阪神タイガース)などを輩出し、昨年は根尾昴(中日ドラゴンズ)や藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)など4人のプロ野球選手を誕生させた。社会科教論。

◯古内義明(ふるうち・よしあき)/1968年7月7日生まれ。立教大学法学部卒、同時に体育会野球部出身。高校・大学球児向け「サムライベースボール」発行人として、これまで数百校の高校を取材し、アマチュア関係者と独自の人脈を構築。近著に、『4千分の1の名将 新・高校野球学【関西編】』(大和書房)がある。(株)マスターズスポーツマネジメント代表取締役、テレビやラジオで高校野球からメジャーリーグまで多角的に分析する情報発信。立教大学では、「スポーツビジネス論〜メジャーの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索