西谷浩一監督が最も印象に残っている大阪桐蔭OBは

西谷浩一監督が最も印象に残っている大阪桐蔭OBは

 長く、大阪桐蔭を取材しているスポーツジャーナリストの古内義明氏が「平成最後」の甲子園を春夏連覇した西谷浩一監督に訊く、短期集中連載の第2回(全3回)。大学や社会人野球というアマチュア球界にも幅広い人材を輩出し続ける、その極意に迫った。

──選手の進路について、どの学年から意識させるのでしょうか。

西谷監督:毎年、2年生のお正月休み明けに、1度目の進路希望調査をします。子どもたちの進路についてはいきなり否定せず、その都度アドバイスを送るようにしています。春の選抜大会後ぐらいから、親御さんと本人の3者面談を重ねていき、方針を決めます。まずは本人の希望を聞き、その中でお声がけしてくださる大学があれば、薦めていく感じです。今年はプロ4名、社会人2名、その他は東京六大学など、大学で野球を続けます。

──大阪桐蔭から大学野球や社会人野球に進む上で、どのようなビジョンをお持ちですか。

西谷監督:野球の技術はもちろんですが、最後は人間性が重要になってくるので、そこを大切にしています。子供たちには、「他人から物事を頼まれるような人間になろう」と伝えています。例えば、来客の方がグラウンドにいらした時、案内するだけでも、ちゃんと気配りもして、配慮できる人間になって欲しいと思います。「困った時に、人から頼りにされる人間になろう」と、話しています。

──進学させる上で、大学や社会人のチームをどのように研究しますか?

西谷監督:一番重要なのはポジションです。校風や監督との相性ももちろん考えますが、ポジションは大事です。例えば、前年に良い捕手を獲得したチームに送り出すよりは、捕手を獲得したいと思っているチームがどこかをまず考えます。選手の希望も聞きながら、信頼できるチームで手薄なポジションであれば、そちらを薦めることはあります。私なりに、ガイドブックや野球雑誌を見て研究しながら、様々な人と会うことで情報を集めることはします。

──情報収集をする上でも、パーティーなどの野球関係者に会う機会は貴重ですか?

西谷監督:時間があれば、パーティーにも顔を出すようにしています。またパーティーのみならず、大阪桐蔭から進んだ選手がいるチームの監督にはしっかり連絡をするようにしています。その会話の中で、「来年、どのようなポジションの選手が欲しいですか?」とは、必ず聞くようにしています。補強ポイントにマッチした選手が行くことで、1年目のスタートは良くなるはずです。その後は、本人の努力次第です。

──西谷監督が生まれた昭和44年の同期会も、大切な情報収集の場でしょうか。

西谷監督:同期では、東海大相模の門馬敬治監督がいて、2000年春の選抜で優勝しました。その頃の私は大阪大会でまだもがいている頃で、同い年である監督が全国優勝を達成して、「凄いな」と思いました。

 44年会は、社会人でプレーした関西地区の同期が集まり出したのがきっかけで、社会人でプレーしていない私にも声がかかり、参加しました。当時は選手でしたが、年齢を重ねていくことで、今では指導者も出てきました。土井善和(日本生命コーチ)や田村秀生(日本新薬コーチ)が現役引退した際に、関東地区でも44年会が始まり、50〜60人規模で行われています。始めた頃は、「若手の会」と思っていましたが、今では50歳を超え、少年たちへの野球教室など、いつの日か、ルールの範囲でできるようになればいいと話し合っています。

 現在は12月に関西で、1月には関東で開催していますが、いつか合同で出来ればいいという話をしながら、たくさんの同級生が参加する程の大きな会になっています。会の恒例で、その年に活躍した人にネクタイがプレゼントされます。甲子園で優勝したので、皆さんから、記念のネクタイを頂くことが出来ました。

──上のレベルに進んだ選手で印象に残っている成功事例は?

西谷監督:オリックス・バファローズで活躍する澤田圭佑がその一例です。在学時から、澤田は、「とにかくプロに行きたい」という強い希望がありました。でも、藤浪晋太郎(阪神タイガース)がエースとしていたために、2番手で投げていました。高校では少し力足らずでしたが、将来的にプロに行きたいのならば、大学ではトップのリーグで揉まれることを薦めました。

 そこで、1年生から投げていける大学に行った方が良いと判断しました。本人が、「東京の大学に進学したい」という希望があり、東京六大学を見た時に、立教大学の投手陣が少し手薄という印象を受けました。様々な関係者にも話を聞き、「立教なら1年生から登板できるチャンスがある」という助言を頂きました。当時、立教大学の監督をしていた、大塚淳人さん(2010年〜2013年まで在任)に連絡させて頂き、アスリート選抜試験で入学しました。

──結果的に、澤田投手は神宮で活躍して、プロ野球という目標を叶えましたね。

西谷監督:澤田なら体もできており、大学でも1年生から技術面でも精神面でもフルで戦えると思いました。良い投手がたくさんいる他の大学ならば、3年生ぐらいからの登板になってしまうと思いました。また、もし背番号1を付けて活躍していたら、澤田には他の大学を薦めたかもしれません。

──社会人野球に目を移すと、大阪桐蔭から立教大学に進学し、三菱重工神戸・高砂で活躍している那賀裕司選手がベストナインを取りました。

西谷監督:那賀は大阪桐蔭から立教大学に進んだ第1号で、彼のおかげで、立教大学ともお付き合いが出来るようになりました。その後、先ほどの澤田、侍ジャパン大学代表の田中誠也が活躍することで、大阪桐蔭からまた獲得しようと思ってもらえます。

──大阪桐蔭に進学を考える上で、中学生の保護者は、大学進学についても敏感ですか?

西谷監督:昔から敏感なご両親はいます。大阪桐蔭に進学し、甲子園で優勝して、大学野球で活躍して、プロ野球に行きたいと思う子供たちが集まってきてくれていると思います。リクルーティングの時、ご両親から質問されたら答えますがが、進学は入試ですし、絶対など言い切れませんので、私の方から(大学など)進路の話は一切しません。それぞれが活躍できる舞台に進めさせて上げたいと思っていますが、活躍できる舞台の適性を見極めるは本当に難しいです。

──大学の推薦を受けることが出来る「評定3.0以上」という最低レベルをクリアする必要がありますよね?

西谷監督:評定に関しては日頃から言っています。評定がなければ、進学できないこともあるので、勉強もしっかりさせます。野球の才能がありながら、評定が0.1足りなければ、どれだけ私がお願いしても受験資格がないので、合格することはできません。あとは推薦に必要な評定を決める学年が3年生の1学期なのか、2年生までなのか、大学によっても評定の基準が違うので、そのあたりの研究も必要です。

──入学してからの勉強の習慣づけも重要ですね?

西谷監督:寮生活を送っているので、テスト前やテスト期間は勉強会を開催します。それでも勉強が苦手な子供がいるのは確かです。時々、1年時の悪い評定が響いて、推薦を受けることが出来ない子供もいます。だから、毎年評定は不安の種です。今年の3年生、21名全員の進路が決定したので、ホッとしました。次は、今の2年生の進路を叶えてあげられるようにしたいので、情報収集中です。

──寮生活で、ルールはありますか?

西谷監督:起床や消灯はその日によって変化します。起床時間は学校に合わせて、大体決まっていますが、消灯は練習時間に合わせて変わります。全員一緒に夕食を食べ始めることはなく、3年生が入浴している時に1、2年生が食事をとるようにしています。入浴と食事が終わり次第、一度寮内の清掃を行うので、その時に消灯時間を伝えます。また、洗濯など、自分のことは自分でするように決めています。

──部屋割りは、監督が決めますか?

西谷監督:3人×7部屋の1学年21名ぐらいなので、3学年で63名になります。最初だけ、私たちで決めます。3年生なら3年生の部屋というように、学年ごとで部屋を決めます。

──1学年21人というのが、西谷監督の思い描く理想のチーム作りですか?

西谷監督:今はあえて増やしていないです。部員数を増やしても、補欠を増やすことになるだけです。下級生からも試合に出したいので、増やしません。もし1学年50名まで増えてしまうと、希望する進路を叶えてあげられなくなります。これ以上、減らすと勝てないような気もしますし、怪我人が出た時、対応しにくくなるので、試行錯誤しながら、辿り着いた最適な人数だと思います。

【PROFILE】
◯西谷浩一(にしたに・こういち)/1969年9月12日、兵庫県出身。現役時代は捕手で報徳学園高から関西大。卒業後は大阪桐蔭高コーチを経て1998年秋に同高監督に就任し、一度コーチに退いた後、2004年から再び監督として指揮を執る。甲子園春夏の通算成績は16回の出場で、55勝9敗。昨夏の甲子園で春夏通算7度目の全国制覇で歴代最多優勝監督となり、史上初の2度目の春夏連覇も達成した。教え子に中村剛也(埼玉西武ライオンズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)、藤浪晋太郎(阪神タイガース)などを輩出し、昨年は根尾昴(中日ドラゴンズ)や藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)など4人のプロ野球選手を誕生させた。社会科教論。

◯古内義明(ふるうち・よしあき)/1968年7月7日生まれ。立教大学法学部卒、同時に体育会野球部出身。高校・大学球児向け「サムライベースボール」発行人として、これまで数百校の高校を取材し、アマチュア関係者と独自の人脈を構築。近著に、『4千分の1の名将 新・高校野球学【関西編】』(大和書房)がある。(株)マスターズスポーツマネジメント代表取締役、テレビやラジオで高校野球からメジャーリーグまで多角的に分析する情報発信。立教大学では、「スポーツビジネス論〜メジャーの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索