巨人&阪神の大物OBが理想と考える捕手の起用方法は

巨人&阪神の大物OBが理想と考える捕手の起用方法は

 もうすぐキャンプイン、2019年のプロ野球シーズン開幕も、すぐにやってくる。球団史上ワーストタイ記録の「4年連続V逸」の巨人と、17年ぶり最下位の「ダメ虎」に戻ってしまった阪神はともに新監督が就任し、巻き返しを図る。

 炭谷(銀仁朗、31)が加入した巨人は昨年スタメンマスクを多く被った小林誠司(29)に加え、プロ4年目の宇佐見真吾(25)、2017年ドラフト3位の大城卓三(25)らが正捕手を争う。さらに阿部慎之助(39)も“捕手復帰”を表明した。

 V9時代の功労者である“エースのジョー”こと城之内邦雄氏(78)は「ピッチャーの立場からいえば、歓迎できる」と話す。城之内氏の現役時代の女房役は森祇晶氏。サイン盗みに対抗し、サインと異なるボールを投げても平然とキャッチングしてくれたという。

「今のキャッチャーならパスボールするでしょうね。捕手に本当に必要なのは打撃よりキャッチングやリードです。しかも、バッテリーには相性というものがあります。炭谷と相性のいいピッチャーが見つかれば、この補強は成功といえる。

 それに、キャッチャーは激務だからローテーションして使えばいいんですよ。若い選手も経験を積めて自信がつきます。巨人が優勝候補の筆頭でしょう」

 原辰徳監督(60)は“組み合わせの妙”を見出せるか。

 一方、“竜キラー”の愛称で親しまれた技巧派右腕で、引退後は阪神のコーチ、フロントマンとしても活躍した上田二朗氏(71)は、「優勝争いは巨人と阪神」とする。

「キャッチャー出身の矢野(燿大)監督は、より緻密な野球をやるでしょう。広い甲子園球場にはピッタリの戦略ですよ」

 上田氏自身は、通算474本塁打の強打の捕手・田淵幸一氏とタッグを組んでいた。だが、“捕手の理想像”は違っている。

「ポロポロとボールを落とし、ランナーが走り放題というのでは、ピッチャーはたまらない。私なら8番打者で構わないので、キャッチングと肩を最重要視します。もちろん、その上で田淵さんくらい打ってくれたらありがたいですが(笑い)」

 阪神は、昨シーズン梅野隆太郎(27)がゴールデングラブ賞を受賞した。

「梅野の成長は著しい。よほど深刻な打撃不振に陥らない限り、彼中心でいいでしょう。そこに、坂本誠志郎(25)と原口文仁(26)をどう絡めて起用するか見ものです」

 投手陣の整備が進んだだけに、扇の要の責任は大きい。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索