桑田真澄氏、新OB会長に就任でPL野球部の復活はあるか

桑田真澄氏、新OB会長に就任でPL野球部の復活はあるか

 甲子園制覇7度を誇るPL学園の硬式野球部が活動を停止してから2年半──。再開を目指すOB会は年明け恒例の総会(1月12日)で、新会長に桑田真澄氏が就任したことを報告した。

「あれほど実績があるのに廃部になったのは、OBにも責任がある。暴力事件や厳しすぎる上下関係がありましたから。(会長として)再開できるのかどうか、方向性を白黒はっきりさせていきたい」(桑田氏)

 清原和博氏と共に甲子園に1年夏から5季連続出場し、在学中に聖地に20勝を刻んだ大投手の会長就任は、いわば野球部復活に向けた切り札、最終手段である。

 桑田氏が抜擢されたのは、知名度や実績だけの理由ではない。カギは「教団」だ。

 活動休止後、OB会は学校長と話し合いの場を設け、復活に向けた嘆願書も提出してきた。しかし、現校長の正井啓介氏は昨夏、筆者に対し、「再開はありません」と断言し、決定権を持つ学園の母体・パーフェクトリバティー教団の三代教祖・御木貴日止(みきたかひと)氏や幹部らにも、嘆願書を渡していないことを明かしていた。OB会と教団には大きな隔たりが存在した。そこで、桑田氏の登場なのである。桑田氏はいう。

「教団あっての野球部。教団とのコミュニケーションが大事だと思います。なんとか、教団の方とお話しできるように……。それが復活に向けた第一歩になる」

 前会長の鶴岡秀樹氏(ミズノ常務)も、パイプ役としての役割を期待する。

「桑田さんは、一般的なお墓参りにあたる奥津城(おくつき=歴代教祖が眠る墓)参りも毎年欠かさず、教団との距離が非常に近い方。最高の人材だと思います」

 だが、学園側にも簡単には再開できない事情がある。入試では大きく定員割れし、1学年2クラス、50人あまりの生徒しか在籍していない。昨夏まで大阪府内の強豪だった軟式野球部も、活動こそ続いているものの、公式戦出場が不可能な数の部員しかいない。さらに硬式野球部なき今、生徒のほとんどが教団信者の2世・3世となり、信者数が先細るなか、今後、より厳しい学校運営を迫られるはずだ。

 80人以上のプロ野球選手を輩出した野球部のOB会が母校の経営に手を差しのべるような策ぐらいしか、名門復活の可能性は残されていないのではないか。

●取材・構成/柳川悠二(ノンフィクションライター)

※週刊ポスト2019年2月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索