平成の名勝負 延長17回を戦った松坂キラーが語る「怪物」

平成の名勝負 延長17回を戦った松坂キラーが語る「怪物」

 高校野球ファンならずとも鮮烈に記憶に残る平成10年(1998年)8月20日、夏の甲子園で横浜高校とPL学園の間で繰り広げられた延長17回の熱闘。“平成の怪物”松坂大輔と相対したPL出身の元プロ野球選手・大西宏明氏が述懐した。

 * * *
 PL学園は甲子園に出場するのが目標ではなく、全国制覇しなければならない──そう教えられてきた私たちが絶対に越えなければならない壁、それが「平成の怪物」松坂大輔でした。この1998年の夏の甲子園、延長17回の試合ばかり注目されますが、実は松坂の横浜とは同年のセンバツでも準決勝で対戦しています。この時も7回を終わってPLが2対0でリードしていましたが8回に追いつかれ、9回に決勝点を奪われ敗北。松坂の横浜に勝たない限り、日本一になれないと悟った瞬間でしたね。

 それから夏の大会に向けて、徹底的に松坂をイメージした練習をしていました。練習は大会中も行なわれ、勝てば横浜との対戦が決まっていた3回戦の佐賀学園戦に勝利した後、宿舎から富田林にある学校のグラウンドに戻り、翌日の横浜戦に備えて打撃練習をしたほどです。ピッチャーをマウンドより前から投げさせて速球に目を慣れさせる練習をやっていました。

 試合はリードしては追いつかれの展開で延長に突入。11回には僕のタイムリーで追いつきました。初球のカーブを無我夢中で振った、とてもクリーンヒットと呼べるものではなかったですが、試合を終わらせたくない一心でした。結局、17回に2ランを打たれ敗れました。

 当時はもちろん勝てると思って試合に臨んでいましたが、20年経って冷静になってみると、PL学園という看板を背負っていたから互角に戦えたものの、どう考えても横浜の方が圧倒的に強かったと思います。この勝利は偶然ではなく、1人で250球を投げ抜いた松坂の実力に裏付けられたものです。その後の決勝戦でノーヒットノーランをやってのけたことが証明しています。

 僕は春夏通して松坂から5安打を放ち、「松坂キラー」というありがたい名前をつけてもらいましたが、彼ははっきり言って次元が違いました。だってプロ1年目でいきなり16勝で最多勝ですよ。PLの先輩、片岡篤史さんが初登板の松坂に155キロのストレートで三振に打ち取られ、イチローさんがスライダーに腰を引いた。プロでも打てない球を投げる投手に、高校生が勝てるわけがないですよ。

 同時代に野球をしていただけですが、松坂世代と呼ばれることを誇りに思っています。

※週刊ポスト2019年2月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索